ファッション

盗用か?オマージュか? 「シュプリーム」新作が話題に

 「シュプリーム(SUPREME)」の2017年春夏コレクションの「オバマ」シリーズが現在SNSを中心に話題になっている。

 「シュプリーム」のデザインの元ネタを投稿しているインスタグラムアカウント(@supreme_copies)が同シリーズがガーナで作られた生地のパターンと類似していると指摘した。

 バラク・オバマ(Barack Obama)氏が大統領に就任した2009年、ガーナを訪問した。その訪問を受け、地元の人々がカラフルなパターンや政治的なグラフィックを配した伝統的な織物であるカンガス(布)をオバマ元大統領のために作った。

 「シュプリーム」は、生地に記されている“Akwaaba”(「ようこそ」の意)の文字を“SUPREME”に変更し、アイテムを発表。同アイテムがアフリカの伝統文化の盗用ではないかという意見が出ている一方で、盗用ではなくオマージュだとする意見も上がっている。

 なお、「シュプリーム」は公式インスタグラムアカウントなどで、反トランプ派であることを公表しており、「FUCK THE PRESIDENT」とプリントされたTシャツなども発表している。

【関連記事】
■「スラッシャー」が「フォーエバー21」のロゴ盗用疑惑に激怒

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。