ファッション

「無印良品」×「アルテック」の特別仕様スツールが登場

 「無印良品(MUJI)」はフィンランド発インテリア・ブランド「アルテック(ARTEK)」とコラボレーションして今月、「アルテック」のアイコニックなスツール“E60”の特別仕様を発売した。このスツールはフィンランド・デザインの巨匠アルヴァ・アアルト(ALVAR AALTO)が1933年にデザイン。「無印良品」の限定版”バーチ材スツール(E60)”は素材の選択の工程をシンプルにし、通常、座面の裏側に使用しているトップコーティングを施していないラミネートをあえて表面に使用している。技術や品質を維持しつつ、少しでも求めやすい2万4900円という価格を実現した。「無印良品」の商品の中では、特別安いとは言えないが、フィンランドのアルテックの工場で誕生当時と変わらない「L-レッグ」という方法で製造している。今回のコラボでは2年以上の年月をかけ、アアルトへのデザインと技術への敬意を示しながら、素材を変えず制作した。

 “E60”が今でも世界中で愛されている理由は、丈夫なフィンランドの木を用い、堅固な無垢材をL字型に曲げる独特の手法により長年使用できるから。「無印良品」の“本当に良いもの”を提案する姿勢と「アルテック」の“アアルトの想いと技術を象徴する製品”を普及させたいという思いが響き合ったコラボだ。 「無印良品」の有楽町店や池袋西武店、渋谷西武店、テラスモール湘南店、グランフロント大阪店、広島パルコ店など全国12店舗および、ネットストアで販売する。

 「無印良品」はドイツ「トーネット(THONET)」とコラボした家具なども販売しており、このような“物作り”に敬意を払った他ブランドとのコラボは今後も続きそうだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら