ファッション
特集 パリ・コレクション2024-25年秋冬

「ドリス」の“矛盾の心地よさ”、アジア女性に似合う「セシリー」セレブでカオスの「アクネ」2024-25年秋冬パリコレ取材24時Vol.3

無料で読める

2024-25年秋冬パリ・ファッション・ウイークの現地リポートを担当するのは、コレクション取材20年超のベテラン向千鶴・編集統括兼サステナビリティ・ディレクターと、ドイツ在住でヨーロッパのファッション事情にも詳しい藪野淳・欧州通信員。朝から晩までパリの街を駆け巡り、新作解説からユニークな演出、セレブに沸く現場の臨場感までを総力でリポートします。今回は、「ドリス ヴァン ノッテン」や「アクネ ストゥディオズ」「バルマン」などをお届け!

(この記事は無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

15:00「ドリス ヴァン ノッテン」

セレブリティーの来場でカオス状態になることがない「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」のショー会場は、百貨店プランタンの前にあった「C&A」の旗艦店跡地。シャーデー(Sade)の「Haunt Me(Soulwax Edit)」に鳥のさえずりをリミックスしたトラックが流れる中、コンクリートが剥き出しになった空間を絶妙なカラーリングのウエアで彩られたモデルたちがゆっくり歩きます。

今季のカギは“矛盾の心地よさ”。強さと優しさ、大胆と控えめ、キレイな色とくすんだ色、タフさと柔らかさ、貴重なものと実用的なものなど、完全に矛盾するものを、いかに心地良く感じるものに仕上げるかに挑んだそうです。例えば、色は落ち着いたベージュや、ピンクやミントグリーンなどの淡いトーンに始まり、グレーや黒、ニュアンスカラー、フォレストグリーンのような深い色、バブルガムピンクやロイヤルブルーなどのビビッドカラーまでが混ざり合います。ドリス自身が「ストレンジ・カラーズ(風変わりな色)」と呼ぶ色合わせをポイントにしている分、柄や煌びやかな装飾は控えめな印象。柄はハウンドトゥースやウィンドーペン、タータンなどクラシックな織り柄、そして、それらを手描き風プリントで再解釈したもの。水彩絵の具をブラシで塗ったように境界を曖昧にしながら色が混ざり合うデザインも印象的です。一方、装飾はスパンコールが縫い付けられたさまを表現したジャカードの上にさらにカラフルなビーズをあしらったり、ジュエリーのようなきらめくシルバーチェーンをマスキュリンなパンツスーツに飾ったり。

それぞれのアイテムを見ると、ベースになっているのは日常着のようなアイテム。丸く肩が盛り上がったテーラリング、コクーンのような彫刻的フォルムのアウター、ボタンが背中につき後ろ前になったようなチェックシャツ、中綿を入れたバミューダショーツ、エレガントに仕上げたスエットパンツなどがそろいます。また、1月に発表したメンズのニットにも見られたような前身頃に配したファスナーを開けて片袖を首に巻くようにまとうスエットや、片袖とストールが一体化したようなアイテムなどのアイデアは新鮮。スタイリングの幅が広がりそうです。

そんな巧みな色彩感覚と自由な着こなしが際立った今季、ドリス・ヴァン・ノッテンが語ったのは、「ウエアラブルは、退屈である必要はない」ということ。日常着に特別感や変化を加えていくコレクションが多いシーズンのムードを象徴する一言です。“矛盾の心地よさ”が生み出す美しさは、モデルが一列に並んで登場するフィナーレで最高潮に。その余韻に浸りつつ、会場を後にしました。

16:00「セシリー バンセン」

デンマーク発の「セシリー バンセン(CECILIE BAHNSEN)」のショー会場には黒orパステルカラーのフワフワしたお洋服のゲストが集まっており、お互い写真を撮り合うなどオフ会の雰囲気。かつて東京で「ピンクハウス」のショーの際には会場最寄りの地下鉄の駅がガーリーな服の顧客で埋め尽くされ圧巻だったことを思い出します。「セシリー バンセン」はそこまでではないけれど、永遠の乙女心に火をつけるという意味では同じです。

会場の中央にはグリーンアップルのオブジェがドン!それは「日常性」の象徴だそうで、前日の「アンダーカバー」に続き、「日常」というキーワードが気になります。ラグジュアリーブランドの余剰在庫生地を若手が活用するシステム「ノナ ソース」を生かした素材使っていたり、引き続き「アシックス」とのコラボシューズを発売したりとトピックもいろいろ含まれた可愛いショーでした。

この続きを読むには…
残り2239⽂字, 画像19枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。