ファッション
特集 パリ・コレクション2024-25年秋冬

パリコレに見るメゾンの原点や軌跡 「ディオール」「シャネル」ほか

無料で読める

パリコレに見るメゾンの原点や軌跡 「ディオール」「シャネル」ほか

普遍的なアイテムの価値が見直されるとともに確固たるブランドアイデンティティーの重要性が高まる中、メゾンの原点や軌跡にあらためて向き合うクリエイションも目立った。懐古主義的にならず、現代的な視点とデザインで新たなストーリーを描けるかがカギになる。(この特集は「WWDJAPAN」2024年3月18日号からの抜粋で、無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

シャネル(CHANEL)

創業者ゆかりの地ドーヴィルに着想

「シャネル」はガブリエル・シャネル(Gabrielle Chanel)が初めてブティックを構えたドーヴィルに思いをはせ、変化する空の映像を背景にした海岸沿いの遊歩道を再現。オレンジやピンク、淡いブルーなど美しい空の色を用いたミモレ丈のコートやツイードスーツから、カーディガンやニットのセットアップ、ウォッシュドジーンズなどで、リラックスしたエレガンスを演出する。スタイルを仕上げるのは、帽子店からキャリアをスタートした創業者にちなむ大きなつばのハットやキャスケット。

この続きを読むには…
残り1838⽂字, 画像15枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。