ファッション
連載 エディターズレター:FROM OUR INDUSTRY 第93回

メガブランドが専業ブランドを凌駕 次はコスメと時計に迫る

有料会員限定記事
ラグ & ボーン(RAG & BONE)」に「オスカー デ ラ レンタ(OSCAR DE LA RENTA)」というニューヨークブランドから、今後を左右するようなニュースが飛び出しました。

振り返ればニューヨークでは今から15年ほど前、“コンテンポラリー”と呼ばれるブランド群が台頭し、市場を席巻しました。「3.1 フィリップ リム(3.1 PHILLIP LIM)」や「アレキサンダー ワン(ALEXANDERWANG)」「デレク ラム(DEREK LAM)」「タクーン(THAKOON)」「ジェイソン ウー(JASON WU)」などが代表例。アジア系の移民を先祖に持つデザイナーによるブランドは、母国に独自のネットワークを持ち、アジアで上手に生産できたことが価格面での魅力に繋がって存在感を増しました。これに対抗するように誕生したのが、「ラグ & ボーン」や「ヴィンス(VINCE)」などのアメリカ勢です。しかし、当時の勢いを保っているブランドは多くありません。

きっと「オスカー デ ラ レンタ」の記事にある通り、メガブランドが強い時代、独立系ブランドは存在感を発揮し続けるのも大変だし、立て直すことはもっと難しいのでしょう。アメリカのブランドで建て直しに成功したのは、「コーチ(COACH)」や「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)」、それに「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」。いずれもコングロマリットに属したり、そもそも単体の規模がかなり大きかったりのブランドです。デザイナーズ以外では、「リーバイス(LEVI'S)」も復調しましたね。これも相当な規模感です。

昨年あたりから、「強いものがより強く」がこれまで以上に顕著になっています。特に「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「ディオール(DIOR)」「シャネル(CHANEL)」「エルメス(HERMES)」など、コスメ・フレグランスからプレタポルテ、バッグ&シューズ、そして時計・宝飾までを網羅するブランドの強さが際立ちます。

こうしたメガブランドは、まずはウエアとバッグの分野で独立系“コンテンポラリー”ブランド群を蹴散らし、ついでラグジュアリーシューズ専業を凌駕して今に至っています。対抗できたのは、「トッズ(TOD'S)」と「ロジェ ヴィヴィエ(ROGER VIVIER)」。これもグループを形成しています。

そして、メガブランドが今注力するのはコスメと時計です。2つの業界では、たとえばコスメでは「物流が違うから、進出は、そんなに簡単じゃない」という声が聞こえ、時計でも同じく「時計愛好家の認識を変えるのは、そんなに簡単じゃない」との見立てが一般的です。

そうだとも思います。でも、メガブランドが専業に追いつき、追い越す姿を、私は少なくともウエアとバッグ、そしてシューズの世界で見ています。だから、そんなに油断しない方が良い。まずは情報収集を進め、メガブランドがウエアで、バッグやシューズで、どんな風に消費者の興味や関心を掻き立てているのかを知るべきでは?と思います。

FROM OUR INDUSTRY:ファッションとビューティ、関連する業界の注目トピックスをお届けする総合・包括的ニュースレターです。「WWDJAPAN Digital」が配信する記事から、特にプロが読むべき、最新ニュースや示唆に富むコラムなどをご紹介します。

エディターズレターとは?
「WWDJAPAN」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在8種類のテーマをお選びいただけます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

この続きを読むには…
残り0⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。