ファッション

「オスカー デ ラ レンタ」が身売りも検討 NYの名門もメガブランド相手に苦戦

オスカー デ ラ レンタ(OSCAR DE LA RENTA)」がヨーロッパの投資会社ロスチャイルド・アンド・コー(ROTHCHILD & CO.)を通じて身売りの可能性などを模索しているようだ。複数の関係者が明らかにしたが、契約が成立するかは不透明なようだ。ニューヨークを拠点とするブランドは、2014年に長きに渡るガンとの闘いで亡くなった創業デザイナーの一族が保有。一方、GFキャピタル・マネージメント&アドバイザーズ(GF CAPITAL MANAGEMENT & ADVISORS)が10年に株式の20%程度を取得したものと見られている。双方からのコメントは得られていない。

「オスカー デ ラ レンタ」は、長きにわたりニューヨークのファッション界で存在感を発揮してきた。しかし近年は「シャネル(CHANEL)」や「ディオール(DIOR)」などのメガブランドに押され、対抗するためのマーケティング費用も十分ではないようだ。現在の年商は1億2000万ドル(約180億円)を若干上回っている程度。コロナ禍にはリストラにも取り組み、現在は費用対効果が見込めないニューヨーク・ファッション・ウイークへの参加を見送っている。

ブランドは17年からローラ・キム(Laura Kim)とフェルナンド・ガルシア(Fernando Garcia)のデュオがクリエイティブ・ディレクターを務めている。日本の代理店は三喜商事。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。