ファッション

「ルイ・ヴィトン」がトランク製のクリスマスツリーを披露 英老舗ホテルの恒例企画で

イギリス・ロンドンにある老舗高級ホテルのクラリッジズ(CLARIDGE'S)はこのほど、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が制作したクリスマスツリーをお披露目した。同ホテルは毎年さまざまなブランドやデザイナーを招き、独自のスタイルで制作されたクリスマスツリーをロビーに展示。今年で13年目になる。

「ルイ・ヴィトン」が手掛けた約5.2メートルのツリーは、トランクを再利用したもの。クロームメッキを施した高さの異なる15個を組み合わせることで、雪景色の中にある伝統的なツリーのシルエットを表現している。ツリーの頂点には、一般的な星ではなく、パリ近郊のアニエールにあるルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)一族の邸宅兼アトリエの模型を配置。随所にサンタクロースやカラフルなメゾンのマスコット“ヴィヴィエンヌ”をちりばめている。そんなツリーを囲むように設置されたのは、2つの巨大なモノグラムパターンのトランク。その外側にはクラリッジズのビンテージトラベルステッカーと「ルイ・ヴィトン」のラゲージタグがあしらわれている。

なお、「ルイ・ヴィトン」とクラリッジズは共に1854年に創業。ナポレオン3世の妻であるウジェニー・ド・モンティジョ(Eugénie de Montijo)皇后と強いつながりを持っていた。メゾンの創業者であるルイは、皇后が旅する際に荷物に合わせた木箱やトランクを製作したり、荷造りを行ったりする職人だった。一方、皇后はクラリッジズを冬の邸宅として利用しており、ヴィクトリア女王の訪問を何度も受けたため、同ホテルはバッキンガム宮殿の“別館”として知られるようになった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。