ファッション

【2023年クリスマス】「ピエール マルコリーニ」のピスタチオやベリーが鮮やかな限定スイーツ

「ピエール マルコリーニ(PIERRE MARCOLINI)」は、クリスマス限定メニューの提供を順次開始した。「ピエール マルコリーニ」銀座本店および名古屋店、グランフロント大阪店のカフェで販売する。

限定メニューは、チョコレートアイスクリームにピスタチオのアイスクリーム、フランボワーズを重ねた“パフェ ノエル 2023”(飲み物とセットで3850円〜)や、フランボワーズ香るクリームにピスタチオのグラサージュが特徴の“エクレア ノエル 2023”(935円〜)。またビターガナッシュとホワイトチョコレートムースが合わさった“ガトー クール フランボワーズ”(1100円〜)、昨年好評を博した“ブッシュ ドゥ ピエール”のミニバージョン“プティット ブッシュ ドゥ ピエール 2023”(1210円〜)、ホワイトチョコレートガナッシュと生クリームを挟んだ“ショートケーキ ショコラ ブラン ノエル”(1210円〜)がラインアップ。今年は“Little mischievous elves〜やんちゃな妖精たち〜”をテーマとし、それぞれ「ピエール マルコリーニ」オリジナルのクーベルチュールチョコレートを用い、ピスタチオやベリーなど鮮やかな食材で飾った。コーヒーや紅茶、シャンパンと共に楽しめる。各メニューの販売期間や取り扱い店舗、価格の詳細は、公式サイトに記載する。

ピエール・マルコリーニ(Pierre Marcolini)は、1964年にベルギーで生まれ、2015年にはベルギー王室御用達を拝命するなど、同国を代表するショコラティエとして知られる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。