ビューティ
連載 エディターズレター:FROM OUR INDUSTRY

“雰囲気写真”って大事かも

有料会員限定記事


「カルチャー」という言葉が気になっています。あ、皆さんはずっと前からでしょうか(笑)?

きっかけは、来週発売する「WWDJAPAN」のメディア特集。コンデナスト・ジャパンの北田淳社長が、「これからはカルチャーを生み出したい」と教えてくれたことでした。「ヴォーグ ジャパン(VOGUE JAPAN)」や「GQ ジャパン(GQ JAPAN)」「ワイアード(WIRED)」で生み出すのは、雑誌や、ウェブサイトやSNSのコンテンツ、イベントだけではなく、カルチャーだというのです。

正直、この話を聞いただけでは、ピンと来ないかもしれません。けれど合わせて他媒体、特に「レオン(LEON)」や「ヴィヴィ(ViVi)」に話を聞くと、「あ〜、こういうことなのかしら?」と思えるようになりました。私の解釈については、来週号をご覧くださいませ。

ビューティの世界で言えば、韓国発のフレグランスブランドは、カルチャーの発信が上手な印象です。上の記事で語っていますが、今アップカミングな代表例は「ノンフィクション(NONFICTION)」、そして「タンブリンズ(TAMBURINS)」です。日本ではセレクトショップが扱っていたり、まだまだ流通は限定的なので口コミが多かったり、想像を掻き立てるミニマルなムードだったりが影響していると思いますが、とにかくカルチャーのムードが漂うから、「なんか良さそう」とか「カッコよさげ」的な印象につながっています。

この続きを読むには…
残り672⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。