ビューティ
特集 独走「ディオール」強さの理由 第3回 / 全5回

「ディオール」を大解剖 あらゆる世代を魅了する「全方位」の商品力

有料会員限定記事

「ディオール」を大解剖 あらゆる世代を魅了する「全方位」の商品力

ディオール(DIOR)」の商品やサービスには、ムッシュ・ディオール(Monsieur Dior)が願った「女性を美しくするだけでなく、幸せにしたい」との思いが息づく。フレグランスからスタートしメイクアップ、スキンケアと広げ、現在ではその全てのカテゴリーで売り上げをけん引するヒーロー商品を抱えている。(この記事は「WWDJAPAN」2023年10月30日号付録「WWDBEAUTY」からの抜粋です)

Makeup

リップ・アイ・フェイスの全てで
スター商品を輩出

「ディオール」のメイクアップカテゴリーは、リップスティックから始まった。「女性のシルエットだけではなく、笑顔までもドレスアップしたい」というクリスチャン・ディオール(Christian Dior)の願いから1953年に生まれた“ルージュ ディオール”は、現在も世界中の女性から支持を集めるアイコン商品。そしてこれは、ディオール自身が唯一手掛けたメイクアップ商品でもある。以降「ディオール」は、コスメティックラインを本格始動して数々のヒット商品を生み出している。ロングセラーの“ルージュ ディオール”は2021年、フローラル リップ ケア成分を豊富に配合しモダンなデザインに生まれ変わった。鮮やかな発色をかなえる独自のフォーミュラ、自分らしさを表現できる豊富なカラーラインアップ、ディオールが愛した花由来のトリートメント効果でパワーアップした。

カラーリップでは、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)が手掛け01年に誕生した“ディオール アディクト”も“ルージュ ディオール”と人気を二分する人気商品。それまでのクラシックなリップスティックにはなかった高いファッション性でリップメイクへの意識を変えたともいわれ、20年以上にわたって時代に合わせて進化を続けている。昨年はヌーディーカラーのコレクションを発表し話題を呼んだ。着せ替えできるファッションケースも人気だ。

この続きを読むには…
残り4339⽂字, 画像19枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。