ビューティ
特集 独走「ディオール」強さの理由 第4回 / 全5回

「ディオール」が注力する“憧れ”を醸成するイベント施策とは?

無料で読める

ディオール(DIOR)」は店外のポップアップイベントを積極的に行っている。メイクアップ、スキンケア、フレグランスの全カテゴリーで実施しており、ブランドイメージ構築と共に、PRコミュニケーションを通じた全国への販売促進・波及効果、若年層の獲得に大きく貢献している。また、認知拡大だけでなく、体験の場としてブランド理解を深める機会も創出している。(この記事は「WWDBEAUTY」2023年10月30日号からの抜粋で、無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

特徴は、ブランドの世界観を伝える展覧会の開催だ。商品プロモーションとしてのポップアップイベントではなく、ブランドのヘリテージやストーリー、クリエイティブを伝えることを重視している。ファッションや時計のハイブランドでは歴史にフォーカスするのは一般的だが、ビューティではまだ珍しかったころから先駆けている。ムッシュ・ディオール(Monsieur Dior)の「女性を美しくするだけではなく、幸せにしたい」という願いに集約されるイベントはブランド価値を高め、憧れを醸成している。

近年、大規模に開催したものでは“ミス ディオール”の展覧会があり、2019年6月に「ミス ディオール ラブ&ローズ」、21年9月に「ミス ディオール アズ シーン バイ」とポップアップストア「ミレフィオリガーデン」を同時開催した。「ラブ&ローズ」では、香水と関わりが深く歴史を築いてきたドレスや、“ミス ディオール”からインスパイアされた日仏アーティストのアート作品を展示。ARコンテンツやセレブリティによるオーディオガイドを用意したほか、会場内では“ミス ディオール カフェ”でドリンクやオリジナルスイーツを提供した。

この続きを読むには…
残り823⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。