ビューティ
連載 齋藤薫のビューティ業界へのオピニオン

美容ジャーナリスト齋藤薫のビューティ業界へのオピニオン 映画「ファッション・リイマジン」が教える、決定的なこと。世の中を変えるのは、組織ではなく個人の情熱?

有料会員限定記事

「WWDJAPAN」には美容ジャーナリストの齋藤薫さんによる連載「ビューティ業界へオピニオン」がある。長年ビューティ業界に携わり化粧品メーカーからも絶大な信頼を得る美容ジャーナリストの齋藤さんがビューティ業界をさらに盛り立てるべく、さまざまな視点からの思いや提案が込められた内容は必見だ。(この記事はWWDJAPAN 2023年7月24日号からの抜粋です)

齋藤薫/美容ジャーナリスト

齋藤薫(さいとう・かおる):女性誌編集者を経て独立。女性誌を中心に多数のエッセー連載を持つほか、美容記事の企画や化粧品の開発、アドバイザーなど広く活躍する

年々過酷になる猛暑。年々暴力的になるかと思われる異常気象。夏になると、皆こう思う。地球は相当ヤバいのではないか?そして、日頃は忘れがちな温暖化への不安を思い出し、地球保護への責任を思い出す。今まさにそんな最中なのではないだろうか? そういう意味でタイムリーなのかもしれないのが、ドキュメンタリー映画「ファッション・リイマジン」の公開(9月22日から)。地球の傷みという壮大な問題に対し、自分は何をするべきなのか、結局分からないまま生きていて、悶々としてしまう人は、ロジカルに何かを考えようとするよりも、ともかくこういうものを見てしまった方が早いのではないだろうか。

英国「ヴォーグ」の新人賞も獲得した新進気鋭のファッションデザイナーは、コレクションのテーマをサステナブルとし、異端の道を選択する。本当の意味で地球に負荷をかけない素材探しで世界を旅するのだが、ショッキングなのはこのナレーション。1980年代に比べ、購入する服の枚数は3倍となり、逆に1着の服を着る期間は半分になっていること。そして、服の5分の3は、作られて一年で埋立地で処分されるということ。想像をはるかに超える悲惨な現実に、なんだか胸が苦しくなった。 でもだから、もう作らないという話じゃなく、作る方も1着1着をより精魂込めて作り、着る方も1着1着をより丁寧に着る……そういう時代へ戻っていくしかないのだろう。少なくともこのドキュメンタリーは、それを本気で思わせてくれた。なぜなら個人の物語だから。つまりこうした意識改革は、政府が声を上げても、企業がアピールしてもダメ、個人の力が圧倒的にモノを言う。まさしくこの作品は、若き女性デザイナー、エイミー・パウニーが孤軍奮闘する姿が世の中を動かそうとしていることが描かれたわけで、サステナブルのように今や誰も否定できない地球の常識でありながらも、なかなか進まない膠着状態をリアルに打開するのは、個人の情熱に他ならないのだ。  

この続きを読むには…
残り556⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。