ファッション
特集 2023-24年秋冬オートクチュール

顧客に寄り添いながら夢を叶える至高の服作り【特集:2023-24年秋冬オートクチュール】

有料会員限定記事

顧客に寄り添いながら夢を叶える至高の服作り【特集:2023-24年秋冬オートクチュール】

多様化するニーズの中で、近年ますます広がっているのは、実際に着る人の佇まいやライフスタイルに寄り添うクチュール。パーティーやレッドカーペットで華やかさを競うためのコスチューム的なドレスではなく、最高級の素材や精緻な仕立て、そして思わずため息が出るほどの手仕事を通して顧客の期待に応える、“クワイエット・ラグジュエリー(控えめでありつつもぜいたく)”なアプローチが目を引く。(この記事は「WWDJAPAN」2023年7月17日号からの抜粋です)

ディオール(DIOR)

女神のような装いで表現する
クワイエット・ラグジュアリー

今季のイメージは、神話に登場する女神。サルトリア技術とハイウエストから控えめに広がる縦長シルエットが軸になった。ロングケープや “バー”ジャケット、タックを寄せたチュニック、フロアレングスのドレスやスカートを組み合わせた白や優しいメタリックカラーのミニマルなルックは、ピュアで神秘的なムード。同系色でまとめた装飾は一見控えめだが、細部までこだわった繊細さが見て取れる。“クワイエット・ラグジュアリー”を体現するようなコレクションだ。

フェンディ(FENDI)

この続きを読むには…
残り2177⽂字, 画像44枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。