ビューティ
連載 ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望 第115回

アンバサダーでブランド二刀流は通用するか

有料会員限定記事

ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN Digital」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。 今週は、ブランドが起用するアンバサダーの話。(この記事はWWDジャパン2023年5月22日号からの抜粋です)

【賢者が選んだ注目ニュース】
「コスメデコルテ」 大谷翔平キャンペーンが大反響 新規購入者数70%増、 男性客の増加も
デジタル大国・中国が生んだ 「モノ売るアイドル」、 規制から2年後の現在地

大谷翔平選手(米MLB「ロサンゼルス・エンゼルス」所属)とグローバル広告契約を結んだコーセーが展開するプレステージブランドの「コスメデコルテ」が躍進している。WBCの準々決勝ラウンド(対イタリア戦)が行われた日(3月16日)に、大谷選手を起用した「コスメデコルテ」の美容液“リポソーム アドバンスト リペアセラム”のTVCMの放映を開始したところ、開始日の百貨店での新規購入数は通常時の3.6倍、公式ECの販売個数は通常時の約20倍に。さらに決勝戦(3月20日)放映後の公式ECの売り上げは約2倍に急上昇したという。

これら大谷選手によるプロモーション効果が大きく寄与し、2023年1〜3月期のコーセーの化粧品事業の売上高は前年同期比19.6%増の558億円、営業利益は同256.9%増の64億円だった。そのうち、「コスメデコルテ」の売上高は国内が同45.5%増の87億円、北米亜は韓国免税店向け出荷の減速を受け同17.0%減の105億円だが、計192億円と全体の売り上げの約3割を占めている。「コスメデコルテ」の同キャンペーンの1カ月前に「雪肌精」の日焼け止めも大谷選手をビジュアルに起用したが、「雪肌精」への波及効果はまだあまり出ていない。「コスメデコルテ」は、「詳細な数値データはないが、新規顧客数が2~3割は増えている印象」と大谷効果は大きいようだが、今後の継続性はどうだろうか。同社は今後も「『コスメデコルテ』の好調な売り上げを維持するために、2Q(4〜6月期)以降もリピート購入施策を推進する」としている。

この続きを読むには…
残り1348⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。