ファッション
特集 業界アンバサダー

「シャネル」のアンバサダー戦略は「アンバサダーはブランドと共に成長」 小松菜奈がパリコレのヒロインになるまで」【業界アンバサダー特集】

有料会員限定記事

どこよりも早くアンバサダーの存在価値を見出し、深くて長い関係を築いている先駆けは「シャネル(CHANEL)」だ。メゾンは、ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chanel)の時代から多くの女優と交流。ロミー・シュナイダー(Romy Schneider)やアヌーク・エーメ(Anouk Aimee)、ジャンヌ・モロー(Jeanne Moreau)といった銀幕のスターたちは、今のアンバサダーに相当する「シャネル」のミューズだった。その後も「シャネル」を彩ってきたアンバサダー的存在は多い。特に「シャネル」は、一度起用したら長らくアンバサダーとの蜜月の関係を築いている印象がある。ヴァネッサ・パラディ(Vanessa Paradis)やリリー・ローズ・デップ(Lily Rose Depp)は、2世代にわたりメゾンと親密な関係を築いている好例だ。(この記事は「WWDJAPAN」2023年5月22日号からの抜粋です)

「シャネル」は今年3月、2023-24年秋冬のパリコレクションで日本のアンバサダーである小松菜奈をヒロインに迎えてショーを開催した。小松と「シャネル」とのつながりは14年から。彼女もこれまでショーに出席するだけでなく展覧会やさまざまな活動に参加している。

小松は18歳の時、「シャネル」に出合った。「シャネル」のショーでモデルを務めたり、出席したりすることでメゾンについて学ぶようになり、パリ近郊のアーカイブ施設で「シャネル」の歴史について話を聞けたのは大きな経験だったようだ。彼女は、「新しい驚きをもたらしてくれるその学びに、終わりはない」と学びの中で出会った才能あるアーティストやミュージシャンたちとのつながりと「シャネル」のチームは“大切な家族のような存在”と言う。彼女もまた、「シャネル」と長くて深い関係を築いて共に成長しようとしている。

小松はアーティスティック・ディレクターのヴィルジニー・ヴィアール(VirginieViard)のクリエイションを「ノンシャランなスタイルを熟知しているからこそできるもの。彼女が生み出すパンクな要素と深く共感している」という。そしてヴィアールの仕事と人柄は、それとなくガブリエル・シャネルを想起させるよう。メゾンの本質に共感しているのだ。

グローバルなヒロインとしての成長

この続きを読むには…
残り1403⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。