ファッション

【どうする!?人手不足】パル小路取締役「成果に対し高い報酬を払い、モチベーションを高める」

有料会員限定記事

2023年2月期でパルグループホールディングス(HD)は、過去最高業績を達成した。勢いに乗って今期(24年2月期)は純増42の969店舗体制へと店舗数を増やす。コロナ禍で抑制していた出店のアクセルを踏む。中核会社パルの取締役で営業本部長である小路順一氏は「今のところ人手は充足している。ただ、計画通り出店を拡大すれば、秋以降は足りなくなるだろう」と見る。(この記事は「WWDJAPAN」5月15日号からの抜粋です)

それでも同社の場合、「販売の優秀な人材の離職は抑えられている」と小路氏はいう。成果に基づく評価制度が企業文化として浸透しており、上を目指したい社員が奮起するからだ。

店舗の業績、販売員個人の販売成績やSNSによる貢献度を評価し、月給や賞与に反映する仕組みを長い時間をかけてブラッシュアップしてきた。その報酬の高さはアパレル業界随一と言われる。「たとえば20代でも1回の賞与で300万円以上もらっている店長は全国に数十人いる」。販売の現場に権限を移譲する。店長は強いプレッシャーの中で成果を出す必要があるものの、高い対価は魅力的だ。「当社の成果主義は加点主義。(経営幹部を除いて)失敗したからといって減点はしない。新しいことに挑戦する気運につながる」。

SNSの運用のうまさでも知られる同社は、販売員個人のSNSの活用にも積極的に取り組む。フォロワー数に応じた手当を給料とは別に支給する「インフルエンサー制度」を実施する。こういった施策が若い販売員のモチベーションに火を付け、店頭やECへの誘導といった成果を生む。

この続きを読むには…
残り430⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。