ファッション

アパレル販売員「構造的な人手不足」をどうする!?

有料会員限定記事

 

アパレルの人手不足が深刻化している。コロナによる行動制限が解除され、客足が戻っているにもかかわらず、店舗を回す販売員が満足にそろわず、人操りが厳しい現場が増えている。打開策として賃上げも実施されているが、根本にはアパレル業界の構造的な問題が絡むため、解消するのは容易ではない。(この記事は「WWDJAPAN」5月15日号からの抜粋です)

「WWDJAPAN」は販売員の人手不足の現状を調べるため、主要なアパレル小売企業にアンケートを実施し、30数社から回答を得た(下記図表参照)。

「販売スタッフ(正社員、パート・アルバイト)は足りているか?」の質問に対し、「不足」「とても不足」と答えた企業が8割以上に上った。2020年にコロナ禍に突入してから多くの企業は出店を抑制するとともに、低収益の店舗を整理してきた。また来店客数の減少に伴い、販売員の採用も抑制してきた。ほぼ3年ぶりに平時の店舗運営ができるようになり、来店客も戻ってきたのに、今度は販売員が満足にそろわなくなり「ギリギリの人繰り」「毎日綱渡り」「アルバイトが集まらずにフルタイムの正社員への負担が増加」といった状況を余儀なくされている。

スタッフの離職率をどう抑えるか

これまでも景気などで人手不足に陥るケースが何度もあったが、現在の人手不足はもっと根が深いというのが各社のほぼ一致した声だ。「コロナによる店舗休業や消費低迷を受けて、アパレル業界自体への将来不安が高まってしまった」(総合アパレル)、「労働市場におけるファッション業界への就業意欲が低下している」(ファッションビル系アパレル)といった見方が多い。

かつては服が好きだから働きたいという若者がそれなりのボリュームで存在し、彼ら彼女らが販売員として現場を支えてくれた。長時間労働、不規則な勤務形態、他業種に比べて低収入といった課題を抱えつつも、なんとなく華やかなイメージのあるファッション業界はそれなりに人気だった。

この続きを読むには…
残り1358⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。