ファッション

【メットガラ2023】今年も開幕 テーマは“カール・ラガーフェルド”

 2023年度の「メットガラ(MET GALA)」が、5月1日18時半(現地時間)にニューヨークのメトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)で開催される。毎年テーマを設ける「メットガラ」は今年、19年に逝去したモード界の皇帝、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)氏をテーマに掲げる。同美術館は5月5日から7月16日まで、展覧会“カール・ラガーフェルド:美の系譜(Karl Lagerfeld: A Line of Beauty)”を開催する。「メットガラ」は同展覧会のオープニングイベントにあたる。

 今年も多くのセレブやデザイナーが一堂に会し、ドレスコードである“カールに敬意を表して(in honor of Karl)”に合わせたファッションに注目が集まる。「シャネル(CHANEL)」や「フェンディ(FENDI)」「クロエ(CHLOE)」「ジャン・パトゥ(JEAN PATOU)」など数多くのブランドを手掛けてきたカール氏。さらにアイコンとなっていた高い白襟シャツにタイ、黒い手袋、サングラスのスタイルなど、ゲストに与えるインスピレーションは豊富だ。

 アナ・ウィンター(Anna Wintour)米「ヴォーグ(VOGUE)」編集長とともに共同ホストを務めるのは、スペイン出身のオスカー俳優ペネロペ・クルス(Penelope Cruz)、ミカエラ・コール(Michaela Coel)、元テニス選手のロジャー・フェデラー(Roger Federer)、歌手のデュア・リパ(Dua Lipa)。ペネロペ・クルスはカール氏のミューズだったことでも有名だ。

▼詳しくはこちら
> メットガラ2023とは

▼詳しくはこちら
> カール・ラガーフェルドとは

「メットガラ」とは

「メットガラ」の参加条件、ゲスト

 「ヴォーグ ジャパン」の公式サイトによると、チケットは個人で参加する場合1枚5万ドル(約665万円)で、10人用のテーブル席は30万ドル(約3990万円)から。完全招待制のため、出席者の最終決定権を持つアナ・ウィンターの招待がない限り、資金があっても出席できないという。

「メットガラ」の主催者

 アナ・ウィンター米「ヴォーグ」編集長が主催する。

「メットガラ」の意味・歴史

 「メットガラ」は1995年に開始し、毎年5月の第一月曜日にニューヨークのメトロポリタン美術館で開催される。同美術館内のコスチューム・インスティチュートが開催する展覧会のオープニングイベントにあたる。超大物セレブらが有名デザイナーのドレスを着て一堂に会するため、「ファッション界のアカデミー賞」とも評される。「メットガラ」のチケットがこれほど高額なのは、美術館のファッション部門の活動資金を集めるためのチャリティーイベントでもあるためだ。

「メットガラ」の視聴方法

 「ヴォーグ ジャパン」が公式ウェブサイトで5月2日午前7時半(日本時間)からライブ配信を開始する。

「メットガラ」の歴代ドレスコード・テーマ

「メットガラ」2022年のドレスコード:ギルディッド・グラマー

 2022年のドレスコードは、ギルディッド・グラマー(Gilded Glamour、金色に飾られた魅力)。1870〜90年代のアメリカにおける“金ピカ時代”を着想源としている。展覧会のテーマは“イン アメリカ:アン アンソロジー オブ ファッション(In America: An Anthology of Fashion)”だ。

「メットガラ」2021年のドレスコード:アメリカの独立

 2021年のドレスコードは、“アメリカの独立(American Independence)”。展覧会のテーマは“イン・アメリカ:ファッションの辞書(In America: A Lexicon of Fashion)”。ニューヨーク・ファッション・ウイークと同時期の9月13日(現地時間)に開催した。

「メットガラ」2020年:中止

 新型コロナウイルスの影響下で開催中止となった。

「メットガラ」2019年のドレスコード:キャンプ

 2019年のドレスコードは“キャンプ“。展覧会のテーマは“キャンプ:ファッションについてのノート(Camp: Notes on Fashion)”。米国の批評家スーザン・ソンタグ(Susan Sontag)が語った悪趣味すれすれの美学を指す。

「メットガラ」2018年のドレスコード:天国のボディー

 2018年のドレスコードと展覧会のテーマは“天国のボディー:ファッションとカトリックのイマジネーション(Heavenly Bodies: Fashion and the Catholic Imagination)”。開催前から物議を醸していたが、来場者のカトリックや宗教に対する考え、そしてテーマの解釈は多種多様だった。

「メットガラ」2017年のドレスコード:アヴァンギャルド

2017年のドレスコードは“アヴァンギャルド”。展覧会のテーマは“川久保玲/コム デ ギャルソン:間の技(Rei Kawakubo/Comme des Garçons: Art of the In-Between.)”。

米「WWD」が選ぶ「メットガラ」歴代ベストルックをピックアップ

「メットガラ」2022年のベストルック:ブレイク・ライヴリー、キム・カーダシアン

 ホストを務めた俳優のブレイク・ライヴリー(Blake Lively)は、ストラップレスのコルセット風のドレスを選択。アール・デコ風のデザインが、錆びたようなコッパー色とよく馴染んでいる。ティアラは少し“トゥーマッチ(やりすぎ)”にも感じられるが、今やコスプレ大会にもなっている「メットガラ」にはぴったりかもしれない。

 当時交際中だったキム・カーダシアン(Kim Kardasian)とコメディアンのピート・デイヴィッドソン(Pete Davidson)も注目を集めた。キムはマリリン・モンロー(Marilyn Monroe)が「Happy Birthday Mr. President」を歌った際に着ていたドレスを着用した。

「メットガラ」2021年のベストルック :キム・カーダシアン、リアーナ

 キム・カーダシアンは離婚申請中だったカニエ・ウェスト(Kanye West)が「バレンシアガ(BALENCIAGA)」と共同でデザインした全身を黒で覆ったルックで登場した。リアーナ(Rihanna)も「バレンシアガ」を着用してパートナーのエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)と来場した。

「メットガラ」2019年のベストルック:レディー・ガガ

 2019年、レッドカーペット女王の座に君臨したのはレディー・ガガ(Lady Gaga)。タイトなネオンピンクのスカートにキラキラサングラスをかけて巨大な電話を持つガガは、十分すぎるくらいにドラマチックだった。

「メットガラ」2018年のベストルック:リアーナ

 2018年、リアーナが「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」のオートクチュールに相当するライン「メゾン マルジェラ “アーティザナル” デザインド バイ ジョン ガリアーノ(MAISON MARGIELA 'ARTISANAL' DESIGNED BY JOHN GALLIANO)」を着用して話題となった。繊細で豪華な刺しゅうが神々しい。一方、肩にかけたジャケットでローマ教皇にインスパイアされたルックにトレンド感をプラスすることも忘れていない。

「メットガラ」の歴代ホスト

「メットガラ」2022年のホスト:ブレイク・ライヴリーら

 2022年にホストを務めたのは、テレビドラマ「ゴシップ・ガール」で有名な俳優のブレイク・ライヴリーをはじめ、俳優のライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)、レジーナ・キング(Regina King)、作曲家や俳優としてマルチに活躍するリン・マニュエル・ミランダ(Lin-Manuel Miranda)がホストを務めた。ミランダにとっては初めての「メットガラ」だった。

「メットガラ」2021年のホスト:大坂なおみ、ティモシーら

 2021年にホストを務めたのは、テニスの大坂なおみ選手をはじめ、俳優のティモシー・シャラメ(Timothee Chalamet)、アーティストのビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)、詩人のアマンダ・ゴーマン(Amanda Gorman)。

「メットガラ」2019年のホスト:レディー・ガガら

 2019年にホストを務めたのは、歌手のレディー・ガガ、ハリー・スタイルズ(Harry Styles)、テニス選手のセリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)「グッチ(GUCCI)」クリエイティブ・ディレクター(当時)。

「メットガラ」2018年のホスト:リアーナ、ジョージ・クルーニーら

 2018年にホストを務めたのは、歌手のリアーナやドナテラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace)、ジョージ・クルーニー(George Clooney)の妻で弁護士のアマル・クルーニー(Amal Clooney)。

「メットガラ」に参加したことのある日本人

 2021年の「メットガラ」では日本人として大坂なおみが共同ホストとして参加した。俳優のティモシー・シャラメ、アーティストのビリー・アイリッシュ、詩人のアマンダ・ゴーマンらと共に、共同ホストを務めたことで話題となった。

「メットガラ」の最新記事

> カール・ラガーフェルドへのオマージュが満開 メトロポリタン美術館の「ア・ライン・オブ・ビューティ」現地リポート

「メットガラ」の関連記事

> 歴代「メットガラ」のアイコニックなルック60選 1996年から振り返るセレブたちのレッドカーペットルック

> ファッション通信簿Vol.54 斬新、奇抜でワイルドすぎる?「メットガラ」の歴代ファッションを米「WWD」が辛口ジャッジ!

> 2022年「メットガラ」のベストルックは誰? 米「WWD」が選ぶ “金ピカ時代”ファッション

> 2022年「メットガラ」のホストが決定 21年に続いてアメリカのファッションがテーマ

> 2021年「メットガラ」のファッションと着用ブランドを一挙紹介 リアーナ&エイサップ・ロッキーやBLACKPINKのROSEら来場

> 「メットガラ」2021のホストにティモシー・シャラメ、ビリー・アイリッシュ、大坂なおみ選手らが就任

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。