ビューティ
連載 エディターズレター:BEAUTY ADDICT

ノーマークだった唇のくすみ【エディターズレター:BEAUTY ADDICT】

有料会員限定記事
※この記事は2023年03月02日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

 先日、化粧品メーカーのメイクアップアーティストと話をする機会がありました。昨年3月の行動制限解除を機に、店頭でのタッチアップもできるようになり、全国の店舗に出向き顧客にタッチアップをしているとのこと。そこで感じたのは、コロナ禍でスキンケアを丁寧にする人が増え、肌の基礎力が上がっていることだそうです。そして肌の透明感が上がったので、唇のくすみを気にする人が多かったというのです。唇のスクラブをしてる人も少なくないといいます。私は正直なところ、唇のスクラブを一度もしたことがなく気にもかけてなかったので、かなりのカルチャーショックでした。ネット検索してみると「リップスクラブの人気ランキング」「リップスクラブ売れ筋ランキング」と出るわ出るわ。全くのノーマークでした…、反省。

 3月13日以降はマスクの着用を個人の判断に委ねることが決まりましたよね。とはいえ、すぐにマスクなし生活が一般化するとは考えにくいなと(花粉症に悩まされている人も多いでしょうし)。でもマスクを外してカラーリップを楽しめるのは個人的にもワクワクしています。化粧品メーカーもカラーリップの新作が充実していますし、どの商品がヒットするのか楽しみでもあります。

この続きを読むには…
残り454⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。