ファッション

「マルニ」2016-17年秋冬ミラノ・コレクション

REPORT

“不釣り合い”を楽しむ自由なスピリットと“スポンテニアス”な着こなし

「マルニ(MARNI)」のショー会場は、朝から降り続く冷たい雨を忘れ去るような、レモンイエローの壁紙に包まれた温かい空間。そこに登場した服は、どこか懐かしいビビッドな赤、青、黄色のマルチカラーの色使いと、造形的で丸いフォームが印象的だ。今季のキーワードは〝不釣り合い”。特徴のあるアイテムを自由に合わせることから生まれる「アンバランスな着こなしを楽しんでほしい」というのがデザイナーのコンスエロ・カスティリオーニからのメッセージのようだ。

 ファーストルックは、バックスタイルが長くアシンメトリーになったケープと、ヒジから下が大きく膨らんだビショップスリーブの白いブラウスのレイヤードスタイル。このブラウスの袖には、大きな丸いボタンが付いていて、バルーンのようなスリーブを着脱することが可能だ。ジャージーのトラックパンツ風のボトムスは、ハイウエストやローウエストで種類豊富に提案。また、曲線を描くようにスリットを入れたスカートは、下にミニスカートを重ねチラ見せする。いずれも、着る人のアイデアによってコーディネートの幅が広がる“スポンテニアス”なマインドを感じ取れるアイテムだ。

 “不釣り合い”なデザインは柄や装飾にも表れた。一見、地味な印象になりがちなグレンチェックのコートには、青いレオパード柄のビーズ刺しゅうを大胆に施し、無地のミニワンピースには、大判のスパンコールを胸元に集中的にあしらうなど、アーティスティックで自由なスピリットが溢れている。いびつな迷彩柄やアーガイル柄はトップスやワンピースに採用し、そのインパクトでスタイリングの主役になるアイテムの一つだ。

 これらの丸いフォームや華美な装飾などの甘い要素を大人の女性へ提案できるのは、シックなヘアスタイルとメイクの力も大きいだろう。ヘアはウェーブがなめらかな1950年代のハリウッド女優風、メイクは黒みがかった赤いリップがポイントで、「マルニ」ウーマンを強く、洗練された女性像へと変身させた。

LOOK

BACKSTAGE

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら