ファッション

名古屋・高級時計の陣 松坂屋vsJR高島屋

有料会員限定記事

 名古屋で高級時計の商戦が熱を帯びている。名古屋の百貨店2強と呼ばれるジェイアール名古屋高島屋と松坂屋名古屋店が、それぞれ売り場面積を2倍に増床。有力専門店やブランド直営店・販売店の出店も相次ぐ。富裕層が多いといわれ、数百万円以上の高額な時計がよく売れるエリアとして知られる名古屋だけに、関係者の鼻息は荒い。(この記事はWWDジャパン2022年6月27日号からの抜粋です)

 中京圏最大の繁華街・栄にある松坂屋名古屋店。北館5階に新しい時計売り場「ジェンタ ザ ウォッチ」が7月6日オープンする(グランドオープンは秋予定)。改装費用など12億円を投じ、売り場面積は従来の2倍の1400㎡に拡大する。人気ブランドの品ぞろえを充実させ、特に最大の稼ぎ頭である「ロレックス」の面積は3倍にする。

 松坂屋名古屋店の小山真人店長は「開放的な新しいタイプの時計売り場にしたい」と話す。既存の重厚な雰囲気の売り場は、若い世代が入りにくいと指摘されていた。広い面積を生かして、各ブランドの世界観をより魅力的に訴求するだけでなく、リペアの工程を見学できる「時計修理工房」、ブランドのプロモーション動画を投影するパブリックスペースなど、時計好きが長く滞在できる空間演出を施す。また時計情報・正規販売店検索サイト「グレッシブ」との協業によるオウンドメディアを設け、オンライン上での接点を増やす。

売上高日本一の 時計売り場めざす

 増床を決断したのは、高級時計市場にポテンシャルを感じていたからだ。同店の時計販売は右肩上がりで成長してきた。金額は非公表ながら、直近の2022年2月期の時計の売上高は、10年前に比べて2倍以上。コロナ下で富裕層の消費が高額品に向かうのは他の大都市と同じだが、名古屋の場合、コロナ前から訪日客の割合が東京や大阪に比べて格段に低かった。訪日客消失のダメージは少なく、大手製造業など高所得の人が多い土地柄に支えられている。

 改装初年度の売上高の目標は前年比15%増に設定する。現在も高級時計の販売では日本最大級といわれる同店だが、増床を機に「百貨店売上高において日本一の時計売り場を目指す」と宣言する。

この続きを読むには…
残り1348⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら