ファッション

プラダ ジャパンが社長交代 マルシコラ氏が就任

 プラダ ジャパンは5月1日付で、アレッサンドラ・マルシコラ(Alessandra Marsicola)氏が社長に就任した。マルシコラ新社長は、プラダ(PRADA)のパトリツィオ・ベルテッリ(Patrizio Bertelli)最高経営責任者(CEO)の直属で日本、グアム、サイパン、ハワイ担当リージョナル ディレクターを務める。ジャパン社のオフィスに常駐し指揮を執る。ダヴィデ・セシア前社長は退任した。

 同社長は1991年にプラダ・グループに入社。北西ヨーロッパ地域担当のリージョナル ディレクター、日本およびアジアのリテール ディベロップメント ディレクター、プラダ ファッション コマース(上海)の最高経営責任者(CEO)、プラダ ワールドワイド ストア オペレーション ディレクター、プラダ ジャパンのプラダ リテール ディレクターなど、コマーシャル部門においてさまざまな要職を歴任してきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。