ファッション

プラダの21年通期決算は41%増収 セールの撤廃が成功

 プラダ グループ(PRADA GROUP)の2021年12月通期決算は売上高が前期比41%増の33億6400万ユーロ(約4373億円)で、19年比では同8%増だった。下半期のECを含む直営店の売り上げは前年同期比27%伸び、全体の成長をけん引した。EBIT(利払前・税引前利益)も直営店の成長やフルプライス(定価)商品の好調が貢献した。

 同社は近年ラグジュアリーブランドとしてのポジショニングを強化している。卸し先を絞り、セールを撤廃しフルプライス商品の販売を増やし、さらにECやオンラインマーケティング・コミュニケーションをはじめとするデジタル施策に投資をしている。21年11月に発表した事業報告会では、中期的な目標として売り上げ45億ユーロ(約5850億円)、営業利益率20%を目指すと発表した。またECが全体の売り上げの15%を占めることも目標に掲げた。

 パトリツオ・ベルテッリ(Patrizio Bertelli)最高経営責任者は「2021年はチャレンジングな1年だったが、めまぐるしく変化する市場や消費者のニーズに柔軟に対応できた。われわれはさらなる成長を実現できるように準備してきた」とコメント。バーンスタイン(BERSTEIN)のルカ・ソルカ(Luca Solca)=グローバル・ラグジュアリー・グッズ・シニア・アナリストは、プラダの業績が市場平均を3%上回ると評価した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら