ファッション

誘惑する「プラダ」新作 官能的な2022年春夏にクローズアップ

 ミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)とラフ・シモンズ(Raf Simons)が共同で手掛ける「プラダ(PRADA)」は、2022年春夏コレクションを9月24日にミラノで発表した。ラフ加入後初のリアルショーは、ミラノと上海で同時開催。ほぼ同じように組んだセット内の一部にスクリーンを設置し、互いのショー映像を中継して現実と仮想現実の対話を表現した。

 今季のコンセプトを“削ぎ落とすことで生み出す誘惑”とし、シンプリシティを極め、フェミニンとマスキュリンのコントラストによる官能性を探求したという。ミニスカートの下に重ねたボクサータイプのスイムウエアやオーバーサイズのバイカージャケット、テーラードジャケットなどは、2022年春夏メンズ・コレクションにも登場したアイテムを共有したもの。コルセットの骨組みとメタル、レースアップのディテールを多く取り入れつつ、それらをゆるめたまま着用することで現代的な官能性を表現している。アーカイブから引用したスカーレットのレースは、真っ赤なドレスにあしらった。

 小物の新作は少なめで、バッグにはオフィスウエアと合わせるトートバッグ“キャロライン(CAROLYN)”を2サイズで発表。シューズはポインテッドトーのミュールが中心で、過去のコレクションからヒールを変形させてアレンジを加えた。キャンディカラーのピアスを追加し、二の腕に着けるバングルははめるタイプで簡単に着脱可能だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら