ファッション

アクセが豊作の「プラダ」2022年春夏メンズ ヒット確実のハットなどアイテム別に紹介

 「プラダ(PRADA)」は、2022年春夏メンズ・コレクションをデジタル形式で6月20日に発表しました。ミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)とラフ・シモンズ(Raf Simons)による、ウィメンズとメンズを合わせて4回目のコレクションです。映像は、曲がりくねった赤いトンネルを抜けると無人のビーチへとたどり着く演出で、4回目のデジタル発表で初めて屋外へと出て行きました。撮影が行われたのはイタリアの高級リゾート地であるサルデーニャ島で、プラダ社はこの島にあるカルボナーラ岬の海洋生態系回復を目指すプロジェクトでMEDSEA財団を支援をしています。展示会は、撮影でも登場した赤いトンネルで行われました。

 今季のテーマは“TUNNEL TO JOY(喜びへのトンネル)”。ビーチという現実世界のユートピアに見知らぬ人々が集い、喜びを共有するというコンセプトです。ルックはスイムウエア×テーラードの提案が中心で、ラフ加入後のコレクションの中ではデザインもシルエットもシャープでミニマルな印象を受けました。

 薄手のコットンで仕立てたジャンプスーツはブラックとホワイトの2色で、子供が外で遊ぶときに着る、活発な衣服をイメージしています。白には人魚やタコなどの海洋生物が、タトゥー風のグラフィックで描かれています。テーラードはスリムとボクシーの2種類で、ボトムはワイドシルエット。終盤ではショーツを膝上までロールアップするスタイリングが登場。パンツの内側には隠しベルトループが付いており、ウエストをルーズに見せながら履く提案です。ボクサータイプのスイムウエアは、1950年代のスイミングキャップの鮮やかな色彩から着想を得て、さまざまな幾何学柄をプリントしています。ハンドペインティングしたオーバーサイズのバイカージャケットはバイクでビーチに来た人、パイル地のフーディーはビーチ近くに住む青年、レインコートは海に入らないけれどビーチが好きな人など、異なる趣味嗜好やライフスタイルの人物をイメージしています。

 そして今季はバッグが豊富でした。ブランドのモチーフであるトライアングル型の肩がけタイプや、筒型とトライアングル型のハンド&バックパックの2wayで持てるバッグなどがウールやレザー、”リナイロン(Re-Nylon)”、コットン素材でそろい、パラソルのストライプ柄を模したパターンもありました。ダース・ベイダーのヘルメットのように頭部を覆うバケットハットは、サングラスをドッキングできる構造です。サングラスの重みでツバが下がりますが、斬新なアイデアでした。シューズは、ビーチの岩石に咲く花をイメージした装飾が付くレースアップシューズや、新作のラバーソールサンダルが並びます。秋冬にはなかったジュエリーは、シルバーに黒のコーティングが施されたタコや碇のモチーフのピアスが登場しました。

キーアイテムのハット

バッグ&ジュエリー

シューズ&ディテール

ビーチウエア要素満載のスタイル

ELIE INOUE:パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら