ファッション

「フェンディ」の新作アクセはアートが鮮やかに映える NYの伝説的ディスコが蘇る2022年春夏展示会速報

 「フェンディ(FENDI)」は、2022年春夏コレクションの展示会をミラノで開催した。今季はニューヨークの伝説的なディスコ「スタジオ 54(STUDIO 54)」から着想した1970年代のナイトシーンを、同ブランドの歴史とともに蘇らせた。ウィメンズのクリエイティブ・ディレクターを50年以上に務めてきたカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)と親交があったファッションイラストレーター、アントニオ・ロペス(Antonio Lopez)の作品をウエアやアクセサリーに描いている。ロペスが制作したロゴは、ドレスの裏地にも見られた。

 代表的バッグの“バゲット(BAGUETTE)”“ピーカブー(PEEKABOO)”や、21-22年秋冬にデビューした“フェンディ ファースト(FENDI FIRST)”には、ロペスの色鮮やかな作品をレザーやスパンコールであしらった。シューズは華奢なストラップで官能性を引き出したサンダルが中心。デルフィナ・デレトレズ・フェンディ(Delfina Delettrez Fendi)が手掛けたアクセサリーの中には、ロペスのイラストをアレンジしたユリの花のヘアアクセサリーもあった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら