ファッション

「フェンディ」の新作アクセはアートが鮮やかに映える NYの伝説的ディスコが蘇る2022年春夏展示会速報

 「フェンディ(FENDI)」は、2022年春夏コレクションの展示会をミラノで開催した。今季はニューヨークの伝説的なディスコ「スタジオ 54(STUDIO 54)」から着想した1970年代のナイトシーンを、同ブランドの歴史とともに蘇らせた。ウィメンズのクリエイティブ・ディレクターを50年以上に務めてきたカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)と親交があったファッションイラストレーター、アントニオ・ロペス(Antonio Lopez)の作品をウエアやアクセサリーに描いている。ロペスが制作したロゴは、ドレスの裏地にも見られた。

 代表的バッグの“バゲット(BAGUETTE)”“ピーカブー(PEEKABOO)”や、21-22年秋冬にデビューした“フェンディ ファースト(FENDI FIRST)”には、ロペスの色鮮やかな作品をレザーやスパンコールであしらった。シューズは華奢なストラップで官能性を引き出したサンダルが中心。デルフィナ・デレトレズ・フェンディ(Delfina Delettrez Fendi)が手掛けたアクセサリーの中には、ロペスのイラストをアレンジしたユリの花のヘアアクセサリーもあった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。