ファッション

「バレンシアガ」2023年スプリングコレクションにファレル・ウィリアムス一家やカニエ・ウェスト、アナ・ウィンターらが来場

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は現地時間5月23日、ニューヨーク証券取引所のトレーダールームで2023年スプリングコレクションを発表した。2015年にデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)がアーティスティック・ディレクターに就任して以来、初の国外での開催となった今回のコレクション。ショーは2部構成で、前半はクチュールをベースにしたシックな新ラインの“ギャルデ ローブ”を、後半は「アディダス(ADIDAS)」とのコラボレーションを披露した。

 会場には、セドリック・シャルビ(Cedric Charbit)=バレンシアガ社長兼最高経営責任者(CEO)やアナ・ウィンター(Anna Wintour)米「ヴォーグ(VOGUE)」編集長、マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)、ヘロン・プレストン(Heron Preston)といったファッション業界人だけでなく、協業プロジェクト“イージー・ギャップ エンジニアド バイ バレンシアガ(YEEZY GAP ENGINEERED BY BALENCIAGA)”を手掛けるラッパーのカニエ・ウェスト(Kanye West)改めイェ(Ye)、コラボアイテムを発表したことがあるDJユニットのアシッド・アラブ(ACID ARAB)、音楽プロデューサーのファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)と彼の家族、ニューヨーク市長のエリック・アダムス(Eric Adams)、スケーターのエリック・アルテアガ(Erik Arteaga)、DJとしても活動する双子のサマ・カドラ(Sama Khadra)とハヤ・カドラ(Haya Khadra)ら多くのセレブリティが来場した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。