ファッション

「バレンシアガ」2023年スプリングコレクションにファレル・ウィリアムス一家やカニエ・ウェスト、アナ・ウィンターらが来場

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は現地時間5月23日、ニューヨーク証券取引所のトレーダールームで2023年スプリングコレクションを発表した。2015年にデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)がアーティスティック・ディレクターに就任して以来、初の国外での開催となった今回のコレクション。ショーは2部構成で、前半はクチュールをベースにしたシックな新ラインの“ギャルデ ローブ”を、後半は「アディダス(ADIDAS)」とのコラボレーションを披露した。

 会場には、セドリック・シャルビ(Cedric Charbit)=バレンシアガ社長兼最高経営責任者(CEO)やアナ・ウィンター(Anna Wintour)米「ヴォーグ(VOGUE)」編集長、マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)、ヘロン・プレストン(Heron Preston)といったファッション業界人だけでなく、協業プロジェクト“イージー・ギャップ エンジニアド バイ バレンシアガ(YEEZY GAP ENGINEERED BY BALENCIAGA)”を手掛けるラッパーのカニエ・ウェスト(Kanye West)改めイェ(Ye)、コラボアイテムを発表したことがあるDJユニットのアシッド・アラブ(ACID ARAB)、音楽プロデューサーのファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)と彼の家族、ニューヨーク市長のエリック・アダムス(Eric Adams)、スケーターのエリック・アルテアガ(Erik Arteaga)、DJとしても活動する双子のサマ・カドラ(Sama Khadra)とハヤ・カドラ(Haya Khadra)ら多くのセレブリティが来場した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら