ファッション

「バレンシアガ」がNY証券取引所でショー エレガントな新ラインと「アディダス」との大型コラボ同時発表

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は23日、米国のニューヨーク証券取引所を会場に、2023年スプリングコレクションを発表した。平日であれば、売買で活気あふれるトレーダールームが日曜日のこの日はランウエイショーの会場に様変わり。フェイクの株価情報が流れるモニターの間に客席を用意し、市場の開閉場を知らせる鐘の音を合図にショーがスタートした。

 ショーは前半と後半の2部構成で、2つのスタイルは大きく異なる。前半はクチュールをベースにしたシックな新ラインの“ギャルデ ローブ”で、後半は「アディダス(ADIDAS)」とのコラボレーション。いずれもメンズとウィメンズのコンバインだが、すべてのモデルがフェティッシュなボディスーツを着ているためアイデンティティは特定できない。アイデンティティを隠した分、2つのラインのコントラストが鮮やかで、その幅広さが今の「バレンシアガ」の強みであることを再認識させる。

 “ギャルデ・ローブ”は、テーラードジャケットやトレンチコート、デニムパンツやボウタイブラウスなど普遍的なアイテムをベースに、クチュールメゾンならではのカッティングの技を生かし、ロゴはなくとも一目で「バレンシアガ」とわかるワードローブに仕立てた。アワーグラス風のボディコンシャスなミニドレスや、肩を少し誇張したジャケットなどがそうだ。誇張は“少し”である点と、ウールやシルク、ギャバジン、アーティザナルデニムなど上質な素材使いがポイントで、その洗練されたスタイルは大人の男女の心をつかみそう。特にウィメンズは“フィービー・ファイロ(Phoebe Philo)ロス”が今だ癒されない、ファッションコンシャス層のワードローブ候補となりえる。同ラインは来シーズン以降も型数を調整しつつ継続をする。

 「アディダス」とのコラボは、「バレンシアガのクリエイティブな言語の一部」であるスポーツウエアの要素を再文脈化したもの。Tシャツ、トレーニングパンツ、スニーカー、スポーツバッグ、ジュエリーなど多くのアイテムをそろえる大型コラボだ。月桂樹の冠を模した「アディダス」の“トレフォイルロゴ”やスリーストライプのロゴの下に「balenciaga」の文字を「アディダス」の書体で添えている。

 “ギャルデ ローブ”が、オートクチュールも手がけ始めたデムナのデザイナーとしてのキャリアが凝縮されたものであるなら、「アディダス」は彼のよりパーソナルなファッション感覚がベースとなっているようだ。「『アディダス』のスリーストライプのトラックスーツは自分が子供のころの最大の“ファッション”であり、個人的なストーリーともリンクしている」とデムナ。その情熱に共感する若い世代は多いだろう。

 ショーの後、デムナはバックステージでモデルと同じ黒いフェイスマスク姿で記者の質問に応じた。彼の「バレンシアガ」が海外でショーを行うのはこれが初めてだ。「アメリカ市場はファーストコレクションからこのブランドを支えてくれた存在であり、フランス以外でショーを行うならここだった。ニューヨーク証券取引所は、アメリカを象徴する場所。成功した銀行家になることは自分の父の夢でもあったんだ」などと語った。

 バックステージにはカニエ・ウェスト(Kanye West)改めイェ(Ye)も姿を見せた。その光景が象徴するように、アメリカのポップカルチャーはデムナの「バレンシアガ」の需要な要素のひとつだ。顔を含めて全身を覆うアイデアは、昨年9月のメット・ガラ(MET GALA)でキム・カーダシアン(Kim Kardashian)が披露した「バレンシアガ」のルックを彷ふつとさせる。アメリカのポップカルチャーとパリのクチュールメゾンを融合し、多面的な魅力を表現する場としてNYは確かに最適な場所だったと言えるだろう。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら