ファッション

ユニクロ12月度は11%減 気温高く5カ月連続の前年割れ

 専門店チェーン、セレクトショップの2021年12月度売上高(既存店ベース)は、月前半から半ばにかけて気温が高く推移したことで、前年を割り込んだという声が目立つ。年末以降は寒波で気温も下がっている。年末年始商戦は「悪くない」という声が多い。

 国内ユニクロは前年同月比11.1%減と、21年8月以降5カ月連続の前年割れ。21年8月期決算会見で予見した通り、厳しい状況が続いている。「12月26日以降は気温も下がり、年末祭も好調だったが、それまでの期間が温かったことで、防寒商品全般の動きが鈍かった」と広報担当者。

 一方で、コロナ禍以降業績回復が目立つ「ファッションセンターしまむら」は、同1.6%増と気を吐いている。同社は11月21日〜12月20日での集計のため、気温が下がった月末が入ればさらに数字が伸びていた可能性はある。「冬用の機能素材の肌着やタイツ、ダウンジャケットなどが売れた」(発表資料より)ことに加え、「ミセス・シニア向けでフォーマル関連商品も復調傾向が強まった」。

 良品計画の「無印良品」は同1.7%減。「実店舗の既存店売り上げは前年実績、予算共に上回っている」(広報担当者)といい、前年割れはECの不調によるもの。「以前からECのUI/UXは課題と認識しており、順次改善を重ねている」。12月29日〜1月3日は「既存店売り上げ、客数ともに前年同期比2ケタ増だった」。

 ユナイテッドアローズは同16.4%増と大幅増。ただし、前年12月は一昨年に対し21.7%減と大きく落としていたため、その反動分もある。「期初の想定に対し、消費の回復は若干弱め。しかし回復の度合いは10月から徐々に強くなっている」(広報担当者)という。年明けの販売に関しては、「比較的手応えはよい」。

 アダストリアは、明日6日に12月度の月次を発表する。


【WWDJAPAN Educations】オンラインセミナー案内


お申し込みはこちら

小売業の進む方向を、先進事例から解説
米国・中国・欧州の最新リテール事情 ファッション&ライフスタイル販売戦略のヒント
受講日時:2022年1月21日(金)、28日(金)、2月4日(金)

生活スタイルや意識の変化もあって、コロナ前からの潮流だった消費のデジタルシフトが加速。小売各社はOMO(オンラインとオフラインの融合)を軸に、新しいビジネスモデルの構築を急いでいます。

本セミナーでは、小売業の進む方向を、米国・中国・欧州の3エリアの先進事例から解説します。巨大企業やスタートアップ企業が入り混じってダイナミックなDX(デジタルトランスフォーメーション)を進める米国、ライブコマースやAI(人工知能)を駆使した独自の変革を遂げる14億人市場の中国、リニューアルや新施策で実店舗の価値創造に取り組む欧州を、現地駐在の専門家らが詳しく解説します。

※全受講および第1回のお申込みは、1月20日(木)12時で締切となります
※第2回単発受講は1月27日(木)12時、第3回は2月3日(木)12時をもって受付終了となります

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら