ビジネス

大丸松坂屋がAI顔認証で来店客分析 ドコモと協業

 大丸松坂屋百貨店はNTTドコモと協業し、AI(人工知能)による顔認証システムを活用した来店客のデータ分析の実証実験を行う。大丸東京店4階のショールーミング型売り場「明日見世(アスミセ)」で1月12日から開始する。

 売り場に設置した複数台のカメラで、来店客の性別や年代といった属性、滞在時間などを記録する。そのデータを基に売り場のレイアウトやブランドラインアップを改善したり、売り場の取り扱いブランド側にもフィードバックし、商品開発などに生かしたりといった活用を想定する。画像認識システムは、米シアトルのテック企業RealNetworksのソフトウエアを搭載。マスク着用時などでも99%以上の精度で性別、年齢などの推定が可能という。

 「明日見世」は同社初のD2Cブランドのショールーミング型(店舗は商品を陳列するのみでECで販売する形態)ストアとして2021年10月にオープン。アンバサダーと称するスタッフが、商品の魅力をじっくりと伝えることに重きを置いた新しい売り場だ。オープンから3カ月がたち、「これまでの百貨店の売り場とは異なる、さまざまな年齢層やニーズを持ったお客さまが来店されている」と同社。「ここでの分析結果は『アスミセ』に限らずさまざまな売り場作りに生かすことができる」とみる。


【WWDJAPAN Educations】オンラインセミナー案内


お申し込みはこちら
小売業の進む方向を、先進事例から解説
米国・中国・欧州の最新リテール事情 ファッション&ライフスタイル販売戦略のヒント
受講日時:2022年1月21日(金)、28日(金)、2月4日(金)

生活スタイルや意識の変化もあって、コロナ前からの潮流だった消費のデジタルシフトが加速。小売各社はOMO(オンラインとオフラインの融合)を軸に、新しいビジネスモデルの構築を急いでいます。

本セミナーでは、小売業の進む方向を、米国・中国・欧州の3エリアの先進事例から解説します。巨大企業やスタートアップ企業が入り混じってダイナミックなDX(デジタルトランスフォーメーション)を進める米国、ライブコマースやAI(人工知能)を駆使した独自の変革を遂げる14億人市場の中国、リニューアルや新施策で実店舗の価値創造に取り組む欧州を、現地駐在の専門家らが詳しく解説します。

※全受講および第1回のお申込みは、1月20日(木)12時で締切となります
※第2回単発受講は1月27日(木)12時、第3回は2月3日(木)12時をもって受付終了となります

ビジネスの記事一覧

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。