ファッション

和田アキ子や鈴木京香が受賞 輝く女性をたたえる第5回「ブルガリ アウローラ アワード 2021」が開催

 ブルガリ ジャパンは15日、千葉・舞浜アンフィシアターで「ブルガリ アウローラ アワード 2021 (BVLGARI AVRORA AWARDS2021、以下アウローラ アワード)」のセレモニーを開催した。アウローラ アワードの“アウローラ”とは、ローマ神話で“暁の女神”を意味し、文化、スポーツ、社会貢献などさまざまな分野から、インスピレーションを与える女性をたたえる賞だ。授賞式前のゴールデンカーペットには、受賞者と推薦者をはじめ、ブランドアンバサダーで、モデル兼女優のKokiやモデルの森星、女優の小雪、タレントのすみれなどが登場した。

 毎年イベントのために来日するブルガリ・グループのジャン・クリストフ・ババン(Jean Christoph Babin)」最高経営責任者はリモートで同賞に参加。「『ブルガリ』は、夢を叶える立役者であり、女性を祝する喜びを伝えるアンバサダーだ。日本で誕生し、過去5年にわたり50人の女性をたたえてきた。この賞がより多くの若い女性へ刺激や希望をもたらすことを願う」とコメントした。ウォルター・ボロニーノ(Walter Bolognino)=ブルガリ ジャパン社長は、「今年のテーマは、ゴールドのような貴重な瞬間であるサンライズを表す“暁”。受賞者10人のストーリーが、気付きをもたらし、多くの人の夢が叶うことを祈る」と述べた。

 第5回の今回の受賞者/推薦者は、以下の通り。鈴木京香(女優)/操上和美(写真家)東村アキコ(漫画家)/菜々緒(女優)、ハイヒール・リンゴ(漫才師)/河瀨直美(映画監督)、庄司夏子(シェフ)/ルカ・ファンティン(シェフ)、和田アキ子(歌手)/VERBAL(アーティスト兼アンブッシュ最高経営責任者・推薦者YOON(デザイナー、クリエイティブディレクター)代理、服部百音(バイオリニスト)/石丸幹二(俳優兼歌手)、佐々木かをり(イー・ウーマン社長)/安藤優子(キャスター兼ジャーナリスト) 片岡真美(森美術館館長)/杉本博司(現代美術作家)、伊藤詩織(ジャーナリスト)/坂本龍一(音楽家、ビデオメッセージ)、大島優子(女優)/奈良橋陽子(キャスティング・ディレクター )。「ブルガリ」を何十年も愛用しているという和田は、「家族に褒められたような気持ち。声が出る限り歌い続け、また、この賞を受賞したい」と述べ、会場の笑いを誘った。

 イベントでは、海外で撮影中のアンバサダーである山下智久がビデオメッセージで、「私自身も皆さんから刺激を受けながら邁進したい」とコメント。ホリデーシーズンにふさわしい、華やかなダンスパフォーマンスをはじめ、家族でゴールデンカーペットに登場したMIYAVI、そして土屋アンナによる迫力のライブで盛り上がりを見せた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら