ファッション

「ブルガリ」×「アンブッシュ」 YOONが語るクリエイション「直感は筋肉のようなもの」

 「ブルガリ(BVLGARI)」は9月、「アンブッシュ(AMBUSH)」のクリエイティブ・ディレクターであるYOONとコラボレーションしたアクセサリーを発売する。同ブランドがアクセサリーで女性とコラボするのは初めてのこと。「ブルガリ」のアイコンである“セルペンティ”をモチーフにYOONがデザインしたバッグほかのアクセサリーは、ビビッドカラーに彩られたポップな印象だ。YOONに「ブルガリ」とのコラボやクリエイションなどについて聞いた。

WWD:「ブルガリ」とコラボした感想は?

YOON:女性では初ということで、光栄に思う。「ブルガリ(BVLGARI)」のアーカイブに触れる機会があり、そのすごさを実感した。アイデアの宝庫だと思った。

WWD:“セルペンティ”をモチーフにした理由は?アイコンの“セルペンティ”をどのようにデザインに落とし込んだか?

YOON:「ブルガリ」からの提案だった。もともと私は動物にあまり興味がなかったけど、“セルペンティ”を自分らしく表現するため、ヘビについていろいろリサーチをした。そして、南アジアに生息するパイソンの自然の色の美しさに感動した。デザインのための答えが自然に会って、その美しさをバッグやアクセサリーに落とし込んだ。パイソンのかわいさや軟らかさ、そしてしなやかさを表すために、わざと丸みを持たせたデザインにしている。“セルペンティ”を私自身の見方で解釈し、ヘビが持つシンボリズムや存在感を表現したつもりだ。

WWD:どのような人にコレクションを楽しんでほしいか?

YOON:特にない。私の役割はデザインして発信すること。どういう反応があるか楽しみだ。気分次第で2ウエイ、3ウエイと幾通りにも使えるのでコーディネートしやすい。それぞれの人がどのようにコーディネートをするか、SNSなどで見るのを今から楽しみにしている。

WWD:今回のコラボで苦労した点や楽しかった点は?

YOON:「ブルガリ」は私が表現したいことを理解してサポートしてくれた。もしかしたら、ブランドとして抵抗があったかもしれないようなことでも、「やってみないと分からない」と自由にデザインさせてもらったのでとても楽しかった。

WWD:いろいろなブランドやカテゴリーでコラボしているが、自分に向いていると思うコラボは?

YOON:コラボは全て違うし、全部楽しく取り組んでいる。いろんなことを試すのが楽しい。オファーがたくさん来るけど、明確に「これは、アリ」と思う人たちだけとコラボするようにしている。コラボの発信方法もさまざまで、そこからいろいろな方法が見えてくることもある。

WWD:自分のクリエイションの哲学は?

YOON:自分が欲しいと思うもの以外は作らない。「これは、アリ」と確信を持ったものだけ作るようにしている。自分の直感を信じている。直感はある意味筋肉のようなもので、鍛えれば強くなる。

WWD:これからのクリエイションに必要なことは?

YOON:機能や見た目も大事だけど、自分たちが生きている世の中の状況で、意味をなすもの、役割を持つものが重要だと思う。ブランドの規模に関係なく、ストーリーをきちんと伝えられることが大切。

WWD:新型コロナウイルス感染拡大で感じていることは?

YOON:状況が刻々と変化しているので、今までのやり方は通用しなくなってきている。ポジティブに新しいことをするべき。できることに集中していれば楽しくなってくるし、困難を乗り越えることができると信じている。

WWD:コロナで人々の価値観はどのように変わると思うか?

YOON:世界的に経済がスローダウンしていて、何が必要かを皆が考えているはず。それは人それぞれで違うかもしれない。個人的には、重要なことに時間とお金をかけるようになり、サステナビリティの重要性が高まると思う。大量生産・大量消費を変えていきたい。クオリティーにこだわり、本当に必要なもの、そして長く使えるものだけを作る世の中になればいいなと思う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら