ファッション

「バング&オルフセン」のポップアップショップが東京・表参道に登場 最高峰のオーディオビジュアルを体験できる空間も

 デンマーク発「バング&オルフセン (BANG & OLUFSEN)以下、B&O」のポップアップストアが東京・表参道に登場した。同ブランドの銀座店はビル改装により閉店し、2022年春の新店舗オープンまでの期間限定ポップアップだ。2層のポップアップのコンセプトは“あなただけの音と場所”。1階で、ポータブルイヤフォンやヘッドフォンのほか、WiFiスピーカーなどを販売する。2階では、アート作品と共にステレオスピーカーやテレビなど「B&O」最高峰のオーディオビジュアル製品を置いたリビングルームのような空間で、気軽に迫力の音響や映像を体験することができる。

 ポップアップならではの、“ノルディック アイス”をテーマにしたホリデーコレクションや限定商品をシーズンごとに紹介する。ホリデーコレクションは、北欧ならではの安らぎと心地よさを感じさせる色調が特徴だ。

 12月末までに来店すると、北欧のオーロラをイメージした「ニコライ バーグマン ノム(NICHOLAI BERGMANN NOMU)」監修のオリジナルスイーツのプレゼントがある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら