ファッション

セイコーHDが和光本館を「SEIKO HOUSE GINZA」と改称 世界に向けた発信拠点に

 セイコーホールディングスは和光本館を「SEIKO HOUSE GINZA(セイコーハウスギンザ)」と改称し、再整備を行う。これまで限定的な利用に留まっていた5階から屋上にかけて、“SEIKO”ブランドの発信拠点とする。2代目時計塔の竣工から90周年にあたる2022年6月10日の「時の記念日」にリニューアルオープン予定だ。

 竣工当時の社長室や会議室が残る5階は「ゲストラウンジ」とし、ウェビナーなど国内外へのデジタル発信の環境を整備し、特別な応接やプレゼンテーションに活用できるスペースとする。6階は、現在の「和光ホール」を「セイコーハウス銀座ホール」と改称し、グループ事業全般に関連する展示や、アーティストとの共創など、世界に向けてさまざまな発信ができるよう整備する。7階はセイコーホールディングスの技術を体験できる「工房」とし、新製品を展示する。また屋上は、環境に配慮した素材を使ったウッドデッキや植栽を配置して「スカイガーデン」とする(各エリアの名称は全て仮)。なお地下1階から4階までは、これまで通り和光として営業を続ける。

 セイコーホールディングスの前身である服部時計店は、1894年に銀座4丁目の角地に出店し、その際、建物の屋上に創業者・服部金太郎の強い意向で時計塔が設置された。その後、関東大震災からの復興の象徴として1932年に完成した新社屋の2代目時計塔は、銀座のランドマークとして長年親しまれている。