ファッション

“セクシー”が帰ってきた! 自信につながる肌見せが目を引いたミラノコレ【徹底解説・2022年春夏コレクションリポート】

有料会員限定記事

 デジタル開催が続いた前シーズンに比べてリアルイベントが復活した2022年春夏ミラノ・コレクションでは、センシュアル(官能的かつ知性があふれるさま)なスタイルがカムバックした。「プラダ(PRADA)」や「ヴェルサーチェ(VERSACE)」に加えて、若手ブランドの多くが取り入れた。

 元プロダンサーのアレッサンドロ・ビジランテ(Alessandro Vigilante)が手掛ける「アレッサンドロ ビジランテ(ALESSANDRO VIGILANTE)」は、体の自然な動きを捉えて色気を表現した。ダンスを通して発表したコレクションでは、レオタードとマイクロトップスを重ねたり、ドレスにサイドスリットをあしらったり、肌に密着するペンシルスカートやハイウエストのレギンスに切り抜いたデザインのアレンジを加えたりして、体のラインを大胆に魅せた。ラテックス素材が得意とする彼だが、今シーズンは黒やライラック、オレンジ、アクアマリンといった寒色を中心とした色調に加えてニット素材を使い、うまく温かみを取り入れた。デザイナーのビジランテは、「ラテックスは今後も使っていくが、着るのが難しい素材なので今シーズンは少なく展開した。もっとリラックスした雰囲気を表現したかったので、ニットウエアで心地よさを表現している」と述べた。

この続きを読むには…
残り1020⽂字, 画像20枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら