ファッション

スーツスタイルが光ったミラノコレは形と素材で定番アイテムを昇華【徹底解説・2022年春夏コレクションリポート】

有料会員限定記事

 2022年春夏シーズンのミラノ・ファッション・ウイークで光ったのは、スーツやスカート、ジャケットを上品に仕上げたテーラードスタイル。ブライダルからオフィスシーンまで、多様な場面に合うアイテムが勢ぞろい。伝統的なスーツから形・色で工夫した遊び心あふれるものまで、多くのイタリアブランドが最新のスーツファッションを披露した。

 「ブレーズ(BLAZE)」は、長年にわたり洗練を重ねたテーラードスタイルを極めながら、今シーズンでは新たに形や素材で遊びを加えた。フローラル柄をあしらった襟のないボレロ型ブレザーやサファリジャケットなどを取り入れた。ほかにもウエディングシーンにぴったりなスーツも登場。セージグリーンやパステルピンクのベルベットを使ったブークレブレザーは、公式の場にも華を添える1着。コレクション発表はアートギャラリーで行い、アクティビスト兼俳優のビアンカ・ジャガー(Bianca Jagger)の肖像画などを飾った。合わせて、女性がテーラードアイテムを着こなす白黒のポラロイド写真を提示し、関わりを持つ女性たちのコミュニティーに光を当てた。

この続きを読むには…
残り1631⽂字, 画像28枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら