ファッション

「オリバーピープルズ」が新旗艦店を東京・丸の内にオープン 世界初のパーソナライズサービスを導入

 1987年創業のロサンゼルスのアイウエアブランド「オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)」は10月14日、日本における新たな旗艦店として東京・丸の内の二重橋スクエアに「オリバーピープルズ 東京」をオープンした。売り場面積は約60平方メートル。「オリバーピープルズ」は、2019年に日本の販売会社をアイヴァン(東京、山本典之社長)から、同ブランドの親会社で世界最大のアイウエア企業であるイタリアのルックスオティカ(LUXOTTICA)の子会社ルックスオティカジャパン(東京、フランチェスコ・アルクーリ(Francesco Arcuri)マネジングディレクター)に変更しており、今回が同社下での初出店となる。

 内装は“1970年代の宇宙感”を表現したもので、壁面にはシルバーカラーの球体をあしらい、そこにアイウエアを陳列する。什器はジャンピエロ・タリアフェッリ(Giampiero Tagliaferri)「オリバーピープルズ」クリエイティブ・ディレクターがデザインし、そこに「ビンテージの要素を加えてブランドの世界観を演出した」という。

 新旗艦店では、“カスタムレンズプログラム”を世界で初めて導入する。フレーム10種類、レンズ17色から好きなものを選んでパーソナライズできるサービスで、組み合わせは1000パターン以上になるという。また、10月下旬にはイタリアブランド「ブルネロ クチネリ(BRUNELLO CUCINELLI)」とコラボしたファーストコレクションも店頭に並ぶ予定だ。

■オリバーピープルズ 東京
オープン日:10月14日
時間:11:00〜20:00
定休日:無休
住所:東京都千代田区丸の内3-2-3 二重橋スクエア1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら