ニュース

世界最大の眼鏡企業ルックスオティカの日本法人が組織拡大で社名変更 

 世界最大の眼鏡企業である伊ルックスオティカ(LUXOTTICA)の100%子会社ミラリジャパンが、1月1日付で社名をルックスオティカジャパンに変更した。理由は、2016年に傘下の米「オークリー(OAKLEY)」の運営会社オークリージャパンを、18年に仏「アラン ミクリ(ALAIN MIKLI)」の運営会社ミクリジャポンを吸収合併したことで、同グループのコアブランドが統合されたことを挙げており、今年は米「オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)」の販売権もアイヴァンから同社に移ったことから、会社組織が大きく変わっている。

 ミラリジャパンは1990年設立で、当初はシャルマンとの合弁会社だった。ルックスオティカは「シャネル(CHANEL)」「ブルガリ(BVLGARI)」「プラダ(PRADA)」「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」など数多くのラグジュアリーブランドの他、「レイバン(RAY-BAN)」などハウスブランドの眼鏡ビジネスを世界約150カ国で手掛け、昨年は世界最大のレンズメーカー、仏エシロールと合併し、売上高2兆円以上の圧倒的な企業力を築いている。