ファッション

世界最大のルックスオティカが伊レンズメーカー買収で“技術力の世界一”へ足固め

 「シャネル(CHANEL)」「ブルガリ(BVLGARI)」「レイバン(RAY-BAN)」など有名ブランドのアイウエアを数多く手掛ける世界最大のメーカー、イタリアのルックスオティカがイタリアのレンズメーカー、バルベリーニ(BARBERINI)を買収すると発表した。買収額は1億4000万ユーロ(約177億円)。

 レオナルド・デル・ヴェッキオ(Leonardo Del Vecchio)=ルックスオティカ創業者兼エグゼクティブ・チェアマンは「高品質で革新的なメード・イン・イタリーの技術力を持つ高名なレンズメーカーが、わが社の新しい財産として加わる。レンズに関わる高い技術力を当社にもたらし、将来の発展に大きく貢献するだろう」とコメントした。

 バルベリーニは1963年にピエロ・バルべリーニ(Pietro Barberini)が創業し、イタリアのアブルッツォ地方とドイツに工場がある。売上高は約8500万ユーロ(約108億円)。これまでルックスオティカとは「レイバン」や「ペルソール(PERSOL)」のレンズの取引があり、薄さ、軽さ、耐久性などレンズの技術開発に定評がある。

 ルックスオティカの17年12月期の売上高は前期比0.8%増の91億5700万ユーロ(約1兆1600億円)、純利益は同10%増の9億7000万ユーロ(約1231億円)。フランスの大手レンズメーカー、エシロールとの合併、日本の福井めがね工業の買収など、他を圧倒する組織拡大が続いている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら