ファッション

世界最大のアイウエア企業が日本のメガネ工場を買収 「プラダ」「アルマーニ」などの高級ブランドを生産か

 イタリアの大手アイウエア企業、ルックスオティカ グループ(LUXOTTICA GROUP SPA以下、ルックスオティカ)が、日本の福井めがね工業(FUKUI MEGANE CO. LTD.)の67%の株式を取得し、高級チタンとゴールドフレームの生産に参入する。福井めがね工業がある福井県鯖江市は、高品質なアイウエアの生産地として知られており、ルックスオティカは「プラダ(PRADA)」「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ヴァレンティノ(VALENTINO)」などの高級ブランドの生産を委託すると見られる。なお、買収額は明らかになっていない。

 レオナルド・デル・ヴェッキオ(Leonardo Del Vecchio)=ルックスオティカ創業者兼エグゼクティブ・チェアマンは「この買収は、日本での生産参入の第一歩だ。ルックスオティカのビジネスモデルに沿いながら、鯖江においても生産拠点を構築する投資を続ける。アイウエア産業史上初めて、同じグループ内に日本とイタリアの2つのアイウエアの職人がそろうことになる」と語った。

 福井めがね工業は1969年に設立。現在100人の眼鏡職人とデザイナーを抱える。優れたチタン加工技術で知られ、17年の「日本メガネ大賞」を受賞している。

 ルックスオティカは、仏レンズメーカー、エシロール(ESSILOR)と合併し、ルックスオティカエシロール(LUXOTTICAESSILOR)を立ち上げるとを17年1月に発表しており、この合併が完了すると年間売上高約160億ユーロ(約2兆円)の巨大企業が誕生する。この合併は18年前半中に完了する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。