ニュース

ベテラン女優のリタ・モレノ、56年前と同じドレスで「アカデミー賞」授賞式に登場

 第90回「アカデミー賞(Academy Awards)」授賞式が3月4日に、ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催された。プレゼンターを務めたベテラン女優のリタ・モレノ(Rita Moreno)は、1962年に映画「ウエスト・サイド物語(West Side Story)」で「助演女優賞」を受賞した時と同じドレスで登場した。

 錦が美しいドレスのスカート部分は、着物の帯と同じ素材だとモレノは語る。56年間自宅のクローゼットに眠っていたドレスのネック部分をオフショルダーにリメイクし、現代風にアップデート。スカートのゴールドに合わせ、ゴールドのイヤリング、バングル、ネックレスをコーディネートした。

 現在86歳のモレノは、13歳の時にブロードウェイの舞台に初出演し、21歳の時に「雨に唄えば(Singin' in the Rain)」で映画デビューを果たす。「ウエスト・サイド物語」で「アカデミー賞」の「助演女優賞」と「ゴールデングローブ賞(Golden Globe Awards)」の「助演女優賞」を受賞した。史上9人しかいない「アカデミー賞」「トニー賞(Tony Award)」「グラミー賞(Grammy Awards)」「エミー賞(Emmy Award)」の4賞受賞者としてギネスブックにも載っている。