ファッション

「ルイ・ヴィトン」表参道7階でギルバート&ジョージの大型3連作を日本初公開 彼らの作品展示は2009年以来

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」表参道店7階の「エスパス ルイ・ヴィトン東京」で10月14日〜2022年3月6日、イギリス・ロンドンを拠点に活動するアーティストユニット「ギルバート&ジョージ(Gilbert & George」の大型3連作「Class War, Militant Gateway(階級闘争、闘争家、入り口)」を展示する。1986年に制作されたこの作品は彼らにとって初の大作で、日本では初の公開になる。黒枠のグリッドで構成された赤、白、青が基調の作品は、作業着姿の若者などがフォトモンタージュで描かれインパクトたっぷりだ。

 ファッション業界でも人気の高い「ギルバート&ジョージ」は、イタリア生まれのギルバート・プロッシュ (Gilbert Prousch)がイギリス生まれのジョージ・パスモア(George Passmore)とが1967年にロンドンのセント・マーチンズ美術大学で出会い結成。スーツとネクタイ姿がトレードマークの2人は、“アート界の過激な英国紳士”と呼ばれている。彼らの作品が日本で展示されるのは2009年ぶりだ。

 入場無料、予約不要(会場内混雑時は入場制限有り)。休館日は「ルイ・ヴィトン」表参道店に準じる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら