ファッション

「サカイ」 × 「カウズ」コラボコレクションは“XX”が付いたカラフルニットやカモ柄ブルゾンなど

 「サカイ(SACAI)」は、アーティストのカウズ(KAWS)とのコラボコレクションを「サカイ」公式ECサイトと青山店で7月17日に先行発売する。そのほかの店舗では21日から販売する。同コレクションは、メンズの2021-22年秋冬とウィメンズの21年プレ・フォールで発表したもの。

 コラボコレクションは、カウズの代表的なカラフルなマルチカラーと限定のカモフラージュ柄のグラフィックをアイテムに落とし込んだ。ファッションとアートを融合した“ウェアラブルアート”をテーマに、ウィメンズは「サカイ」が得意のハイブリッドのテクニックを用いたブルゾン(税込18万1500円)や、カウズのキャラクター“コンパニオン(COMPANION)”の特徴的な目“XX”をあしらったニット(同9万9000円)、ファーコート(同16万9400円)のほか、メンズはカーディガン(同12万6500円)や開襟シャツ(同7万4800円)、ナイロンパーカ(同11万円)などをラインアップ。また「サカイ」公式ECサイトと青山店限定で、キッズサイズのMA-1(同3万9600円)やワンピース(同3万1900円)、Tシャツ(同9350円)も扱う。

 協業を記念して、「サカイ」青山店で7月17~20日に、阪急うめだ本店で7月21~27日にポップアップショップをオープンする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら