ファッション

「サカイ」がカウズと協業 「ナイキ」“ブレーザー”でトリプルコラボも

 「サカイ(SACAI)」は、メンズの2021-22年秋冬コレクションとウィメンズの21年プレ・フォール・コレクションでアーティストのカウズ(KAWS)と協業した。同コレクションの発売は21年7月を予定している。

 同プロジェクトは、阿部千登勢デザイナーとカウズの長年の友情を祝したもので、イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)とピエト・モンドリアン(Piet Mondrian)の出会いにインスパイアされた“ウエアラブルアート”という概念を現代的に表現。カウズのアート3作品のカラーパレットを「サカイ」のコレクションに忠実に落とし込んだ。カラーはマルチカラーとカモフラージュの2種。マルチカラーがカウズの作品のオリジナルカラー、カモフラージュが今回の協業のために特別に色を変更したものだ。

 さらに、「サカイ」と「ナイキ(NIKE)」がコラボレーションした“ブレーザー ロウ(Blazer low)”にカウズのアートワークを落とし込んだトリプルコラボも用意した。

 21-22年秋冬メンズ・コレクションでは、カテゴライズすること、先入観、ルールにとらわれることに抗いながら、パンクからヒップホップへの移行を深く理解し、カウンターカルチャーのコードをつなぎ合わせることで生まれる自由さを表現した。

 ウィメンズの21年プレ・フォール・コレクションでは、ツイードをシルクとシフォンに繋ぐなどハイブリッドを継続しつつ、シェイプを簡素化することによって着やすさも実現した。なお、21-22年秋冬メンズ・コレクションとウィメンズの21年プレ・フォール・コレクションはランウエイショーなどは行わず、ルックでの発表となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら