ファッション

「サカイ」が「アー・ペー・セー」の協業プロジェクトに参加 定番デニムを解体したジャケットや“SA.P.C.AI.”ロゴのスエット

 「アー・ペー・セー(A.P.C.)」は、アーティストやブランドとの協業プロジェクト“アー・ペー・セー インタラクション(A.P.C. INTERACTION)”の第9弾として、「サカイ(SACAI)」とのコラボレーションアイテムを3月19日に発売する。両ブランドの直営店や公式オンラインストアで扱う。 

 アイテムは、「アー・ペー・セー」の定番のデニムジャケットやジーンズに、「サカイ」の異素材を組み合わせるテクニックを融合。さらに「サカイ」が多用するサイドジップが付くのも特徴だ。MA-1やプリーツスカートを掛け合わせたデニムジャケット(2色、各8万円)やデニムスカート(2色、各4万8000円)、デニムパンツ(2色、各4万8000円)のほか、両ブランドのロゴを掛け合わせた“SA.P.C.AI.”の文字を大胆に配したスエット(2色、各3万3000円)やパーカ(2色、各3万9000円)、Tシャツ(2色、各2万5000円)、トートバッグ(大2万7000円、小2万3000円)などをそろえる。サイズはXXSからXLまで用意し、ユニセックスアイテムがほとんどだ。キービジュアルはフォトグラファーのティム・エルカイム(Tim Elkaim)が撮影し、スタイリストのスザンヌ・コラー(Suzanne Koller)がアートディレクションを手掛けた。

 “アー・ペー・セー インタラクション”はこれまで、ラッパーのキッド・カディ(Kid Cudi)や女優のカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)のほか、ストリートブランド「ブレインデッド(BRAIN DEAD)」、クリエイターのジャスティン・サンダース(Justin Saunders)が手掛けるレーベル「ジョウンド(JJJJOUND)」、「カーハートWIP(CARHARTT WIP)」などとコラボレーションしてきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら