ファッション

「サカイ」が「アー・ペー・セー」の協業プロジェクトに参加 定番デニムを解体したジャケットや“SA.P.C.AI.”ロゴのスエット

 「アー・ペー・セー(A.P.C.)」は、アーティストやブランドとの協業プロジェクト“アー・ペー・セー インタラクション(A.P.C. INTERACTION)”の第9弾として、「サカイ(SACAI)」とのコラボレーションアイテムを3月19日に発売する。両ブランドの直営店や公式オンラインストアで扱う。 

 アイテムは、「アー・ペー・セー」の定番のデニムジャケットやジーンズに、「サカイ」の異素材を組み合わせるテクニックを融合。さらに「サカイ」が多用するサイドジップが付くのも特徴だ。MA-1やプリーツスカートを掛け合わせたデニムジャケット(2色、各8万円)やデニムスカート(2色、各4万8000円)、デニムパンツ(2色、各4万8000円)のほか、両ブランドのロゴを掛け合わせた“SA.P.C.AI.”の文字を大胆に配したスエット(2色、各3万3000円)やパーカ(2色、各3万9000円)、Tシャツ(2色、各2万5000円)、トートバッグ(大2万7000円、小2万3000円)などをそろえる。サイズはXXSからXLまで用意し、ユニセックスアイテムがほとんどだ。キービジュアルはフォトグラファーのティム・エルカイム(Tim Elkaim)が撮影し、スタイリストのスザンヌ・コラー(Suzanne Koller)がアートディレクションを手掛けた。

 “アー・ペー・セー インタラクション”はこれまで、ラッパーのキッド・カディ(Kid Cudi)や女優のカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)のほか、ストリートブランド「ブレインデッド(BRAIN DEAD)」、クリエイターのジャスティン・サンダース(Justin Saunders)が手掛けるレーベル「ジョウンド(JJJJOUND)」、「カーハートWIP(CARHARTT WIP)」などとコラボレーションしてきた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら