ファッション

「サカイ」が北京、上海、香港の3都市でイベント 「カナダグース」「トモ コイズミ」との初コラボも披露

 「サカイ(SACAI)」は11月12日から、中国・北京、上海、香港の3都市でポップアップイベント「你好 / ハロー サカイ(Nihao / Hello sacai)」をオープンする。昨年パリで初開催した、世界でポップアップストアを開くプロジェクト“ハロー サカイ(Hello sacai)”の第2弾。12日から北京のショッピングモールSKP、16日から上海のリール(Reel)、12月1日から香港のザ・ランドマーク(The Landmark)のビローグラウンド(BELOWGROUND)を巡回する。

 同イベンドでは、デザイナーの阿部千登勢が再構築した限定アイテムとコラボレーション商品などが並ぶ。コラボのラインアップは、カナダ発のダウンコートブランド「カナダグース(CANADA GOOSE)」をはじめ、フランス発の「アー・ペー・セー(A.P.C.)」、白い陶器で知られる「アスティエ・ド・ヴィラット(ASTIER DE VILLATTE)」、香港とロサンゼルスを拠点にするライフスタイルブランド「ケースティファイ(CASETIFY)」、藤原ヒロシ率いる「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN」など。小泉智貴が手掛ける「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」とも初コラボを行い、フリルバッグを受注販売するほか、11月に発売されたばかりの「ナイキ(NKE)」とのアウターコレクションやスニーカー“ヴェイパーワッフル(VAPORWAFFLE)”もそろえる。

 「サカイ」による限定商品も従来の店舗には並ばないユニークなアイテムばかり。キャミソールやショートパンツなどのラウンジウエアのコレクションのほか、アーカイブテキスタイルを使った傘、製作の過程で出た残反を活用したバブーシュシューズやバッグなども扱う。

 内装は「サカイ」と長年コラボレーションを続けるコラージュ・DIYアーティスト集団のゲルチョップ(GELCHOP)が担当する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら