ニュース

「サカイ」がパリでポップアップ 元コレットのサラ・アンデルマンの協力を得て

 「サカイ(SACAI)」は、サラ・アンデルマン(Sarah Andelman)=コレット(COLETTE)元クリエイティブ・ディレクターの協力を得たポップアップストア“ボンジュール サカイ(Bonjour Sacai)”を、2月12日から3月9日までパリにオープンする。

 このポップアップストアは「サカイ」の旗艦店がないヨーロッパ、アジア、アメリカの主要都市で開催する一連のプロジェクト“ハロー サカイ(Hello Sacai)”の第1弾で、パリでの開催を皮切りに年内に各地で順次オープンしていく予定だ。

 パリでのポップアップストアがオープンするのは、リシュリュー通り(Rue de Richelieu)。「サカイ」のウィメンズ、メンズコレクションの他、限定のキッズとランジェリーライン、「アー・ペー・セー(A.P.C.)」「プチバトー(PETIT BATEAU)」「エルベ シャプリエ(HERVE CHAPELIER)」といった仏ブランドとのコラボアイテム、仏陶器ブランドの「アスティエ・ド・ヴィラット(ASTIER DE VILLATTE)」や仏ジュエリーブランドの「シャルロット・シェネ(CHARLOTTE CHESNAIS)」との新作コラボなどをそろえる。

 さらに、「ビーツ・バイ・ドクタードレ(BEATS BY DR. DRE)」とコラボしたビーズをカスタムできるイヤホン“ビーツX(BeatsX)”や、「ナイキ(NIKE)」との新作コラボスニーカー2型も先行発売する。「ナイキ」を代表する“ブレーザー(BLAZER)”と「ナイキ SB」の“ダンク(DUNK)”を融合したハイカットスニーカー、“エルディーブイ(LDV)”と“デイブレイク(DAYBREAK)”を融合したローカットスニーカーで、以前から話題になっていたモデルだ。

 また、ポップアップストアにはカフェコーナーを設置。カフェはパリのコーヒーショップ、オナー(HONOR)が運営する。また、このスペースに置かれる家具やインテリアは、「サカイ」の店舗のインテリアを手掛ける3D造形ユニットGELCHOPが特別に製作する。このスペースでは藤原ヒロシ率いる「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」とのコラボ“サカイ(ノット サカイ)”の限定アイテムもそろえる。

 パリの伝説的セレクトショップ、コレットは2017年12月に閉店し、サラはコンサルティング会社、ジャスト アン アイデア(JUST AN IDEA)を設立。「サカイ」の阿部千登勢デザイナーとは以前からよい関係を続けており、コレットの閉店前にはポップアップイベント「ジャルダン サカイ(Jardin Sacai)」を開催し、そのフィナーレとしてブランド初のキッズのランウエイショーも行った。

 サラによれば、今回のポップアップは「ジャルダン サカイ」の延長で、「長年『サカイ』と『コレット』は協力を続けてきたけれど、このプロジェクトでよい関係を続けることができるのをうれしく思う。さまざまなものをミックスしたことで、ポップアップにユニークな雰囲気が生まれると思う」とコメントした。

 今後このポップアッププロジェクトは開催場所にインスパイアされたアイテムをそろえる。商品は限定オープンするECサイトでも発売予定だ。