ファッション

「サカイ」が初のキッズショー コレットのポップアップは「予想以上」

 「サカイ(SACAI)」がブランド初のキッズ・ファッションショーを、パリのセレクトショップのコレット(COLETTE)で開催した。1カ月に及んだコレットでのポップアップイベントのフィナーレだ。

 モデルを務めたのは、コレットのサラ・アンデルマン(Sarah Andelman)=クリエイティブ・ディレクターの息子ウッディ君ら。ウッディ君が生まれた時、阿部千登勢「サカイ」デザイナーは、人生初の子ども服をプレゼントしたことがあるという。

 阿部は、「子どもたちと仕事をするのは、大変だったけれど、とても楽しかった。彼らだって、スタイルに関して自分の意見を持っている。たとえば、私はブルゾンのファスナーを開けたままにしておきたくても、彼らは閉じたかったり。プロじゃない彼らは、自由気まま。それが楽しかった」と話す。来場者は限定コレクションを着たモデルたちをスマホに収めようと一生懸命だった。

 ショー終了後、大興奮の子どもたちと、日本酒を楽しむゲストに囲まれた阿部は1カ月のポップアップを振り返り、「結果は予想以上だった。コレットのお客さまがこんなに『サカイ』をご存知で、こんなにヨーロッパで人気だとは思わなかった」と話した。

 キッズを含むコレットで販売した商品の一部は、10月7日から東京・南青山のフラッグシップストアで、11月15日から阪急うめだ本店のイベントで販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら