ビジネス

エトロ、新CEOを任命 ドルチェ&ガッバーナの経営陣から

 エトロ(ETRO)は9月9日、新たな最高経営責任者(CEO)にファブリッツォ・カルディナリ(Fabrizio Cardinali)前ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)最高執行責任者(COO)を任命した。年内にはエトロに加わり、正式にCEOに就任する予定。2015年からエトロを率いてきたフランチェスコ・フレスキ(Francesco Freschi)=ジェネラル・マネージャーの後任という形になる。

 イタリア出身のカルディナリ新CEOは、ディーゼル(DIESEL)やリーバイ・ストラウス(LEVI STRAUSS & CO.)で経験を積んだ後、ドルチェ&ガッバーナでマーケティング・ディレクターなどの要職を務めた。12年には、当時コンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT以下、リシュモン)の傘下だったランセル(LANCEL)のCEOに就任。13年には、同じくリシュモンが擁するダンヒル(DUNHILL)のCEOに就任した。その後、17年にドルチェ&ガッバーナに戻り、COOを務めている。

 エトロは、1968年にジェローラモ・エトロ(Gerolamo Etro)がテキスタイル会社として創業。80年代にはウエアやライフスタイル分野にも手を広げ、香水やスーツケースも手掛けるようになった。長らく一族経営の企業として知られ、身売りはしないと公言していたが、2021年7月にLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)系の投資会社、Lキャタルトン(L CATTERTON)に株式の60%を5億ユーロ(約645億円)で売却した。今回の人事に伴い、エトロ創業者は会長に就任する。

 カルディナリ新CEOは、「アイコニックなファッションブランド『エトロ』の節目というエキサイティングな時期に、同社に加わることができて大変うれしく思っている。『エトロ』ならではのスタイルや高いクラフツマンシップ、その豊かなヘリテージに以前から憧れを抱いてきた。エトロ一族や経営陣、そしてLキャタルトンと協力して顧客層や商品カテゴリーを拡充し、事業をさらに成長させていきたい」と語った。

 「エトロ」は世界の約60カ国におよそ140の直営店を抱えているほか、自社ECを展開。18年の売上高は2億8500万ユーロ(約367億円)で、情報筋によると5000万ユーロ(約64億円)程度の負債があるという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら