ファッション

「エトロ」の過半数株式を約650億円でLVMH系投資会社が買収

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)系の投資会社、Lキャタルトン(L CATTERTON)はエトロ(ETRO)の株式の60%を5億ユーロ(約650億円)で取得した。本件取引に近しい金融関係者が米「WWD」にこの事実を認めた。エトロ社が保有する不動産や直営店舗の一部は取引の対象外とされた。「エトロ」は世界中に約200店舗あるという。

 エトロは一族経営で、これまで一貫して身売りはしないと公言していたが、今年4月には「ビジネスの将来的な成長のための環境を整えることに注力していく。このため、グループは提携の可能性などを検証している」とコメントしていた。

 エトロは1968年にジェローラモ・エトロ(Gerolamo Etro)がテキスタイル会社として創業。80年代にはウエアやライフスタイル分野にも手を広げ、香水やスーツケースも手掛けるようになった。ヴェロニカ(Veronica Etro)がウィメンズのクリエイティブ・ディレクターを、キーン(Kean Etro)がメンズのクリエイティブ・ディレクターを、イッポリート(Ippolito Etro)が事業戦略を、ヤコポ(Jacopo Etro)がホームラインを担当している。

 2年前には「ヴァレンティノ(VALENTINO)」や「バルマン(BALMAIN)」を擁するメイフーラ(MAYHOOLA)がエトロ獲得に興味を示していると報じられたが、エトロ一族の中で意見が割れたため実現しなかったとされている。

 「エトロ」の2018年の売上高は2億8500万ユーロ(約370億円)で、情報筋によると約5000万ユーロ(約65億円)程度の負債があるという。

 Lキャタルトンは、今年1月にはフランスのアウトドアブランド「ジョット(JOTT)」の過半数株式を取得。3月にはLVMH会長兼最高経営責任者のベルナール・アルノー(Bernard Arnault)一族の投資会社のフィナンシエール アガシュ(FINANCIERE AGACHE)と共同でビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の過半数株式を取得するなど、ファッション分野のブランド獲得に積極的な姿勢を見せている。

YU HIRAKAWA:幼少期を米国で過ごし、大学卒業後に日本の大手法律事務所に7年半勤務。2017年から「WWDジャパン」の編集記者としてパリ・ファッション・ウイークや国内外のCEO・デザイナーへの取材を担当。同紙におけるファッションローの分野を開拓し、法分野の執筆も行う。19年6月からはフリーランスとしてファッション関連記事の執筆と法律事務所のPRマネージャーを兼務する。「WWDジャパン」で連載「ファッションロー相談所」を担当中

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら